父の着替えをお手伝い。丸出し状態のアレに心の準備が追いつかない!/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、月間アクセス数800万PV超の超人気ブログ「カータンBLOG」から抜粋してご紹介します。

------------------------------------

前回の記事『どうしたら父の自尊心を傷つけずに紙パンツを履いてもらえるか?』からのつづきです。

いよいよ
父の着替えを手伝う日がやって来た。

親の着替えを手伝うのは、
なんとも小っ恥ずかしいものだ。

7f990376-s.jpg

すると、父はとてもすまなそうな顔をしてこう言った。

5a56cc9c-s.jpg

きっと父も娘の手前、恥ずかしいはず。

私は精一杯平静を装って・・・

b3f69e3c-s.jpg

な、なんと!!!!

efd72c30-s.jpg

こ・・・心の・・・
準備が追いつかない!

子供の頃、
父とお風呂に入った記憶はある。
しかし、それも遠い記憶。

9b98957d-s.jpg

でも、やはり気恥ずかしいではないか!

641c7e91-s.jpg

いや、何バカなこと考えてるんだ!

90af7b2a-s.jpg

そう自分に言い聞かせても
なぜか頭は勝手に・・・

6cd50a56-s.jpg

なに考えてるのよ、私!

でも、その日から、私は・・・
父の着替えのことをこう名付けた。

3b9e9c28-s.jpg

そう自分に言い聞かせ、
父の着替えをしに行くのだった・・・。


□■□■□■□■□□■□■□■□■□

いまだに父の着替え・・・いや、ルーツを知る旅は小っ恥ずかしい! でも、だんだんとモザイクかけることが上手になった。それと毎回、「まずは上から着替えるよ!」としっかり先に言うことにしてる。やはりまだまだ心の準備が必要。

 

次の記事はこちら:「一人で何でもできます」だと!? ヘルパーさんを拒否する母を説得するには?/カータン
カータンさんの連載一覧はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメント一覧

あー 痛いほどわかるわかるわかるわぁ!!! 自分ちでの介護あるあるですゎ(笑)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP