散歩もかねた外出リハビリ。突然しゃがみこんだ義父の手には.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:義父に寄り添う美人療法士さんに義母がまさかのヤキモチ!?/山田あしゅら

義父が訪問リハビリを始めて5か月ほど。

次第に要領を覚え、順調に取り組めるようになってきました。

しかし開始した当初は年明け早々

血圧の高さが心配だったこともありましたが

それまでリハビリ実施時間は薄暗い夕刻だったため

外へ出て歩行訓練を行う事はほとんどありませんでした。

ゴールデンウイークを過ぎる頃になると日も長くなり

リハビリの時間も辺りは十分明るいままです。

気温も上がり、外出するにはちょうど良い気候を迎えました。

そろそろ、散歩を兼ねたリハビリも始められるかな?

...と思っていたところ

ケアマネおーさんが

1.jpg

と、気を利かせて

リハビリの事業所に問い合わせてくれました。

明るくはなったものの

このままの時間帯では交通量が夕刻ピークに差し掛かり

リハビリ散歩は危険だと判断したのです。

すると

少し早い時間に変更は可能だが

曜日が変わるとともに担当者も替わるという返事がきました。

2.jpg

そこで


「義父に聞いてみます。」

と、確認すると

3.jpg

意外や意外。すぐに了解してくれました。

しばらく続けてみて

リハビリの効果が少しずつ表れてきたこともありましたし

さすがの義父も

「オトコじゃイヤだ」とは言えなかったのでしょう(笑)


と、いうことで急遽

リハビリは曜日が変更となり

新しい担当は

4.jpg

若く、さわやかな理学療法士のモリさんとなったのです。

気難しい義父のこと。

果たして若い男性のモリさんに慣れてくれるかしら?

と心配しましたが

最初から割とスムーズに受け入れることが出来たようです。

ウチの次男坊にどことなく似ていたモリさん。。

5.jpg

義父は孫を相手にしている感覚もあり、馴染みやすかったのかも知れません。

6.jpg

さて

本格的な

外出リハビリが始まりました。

7.jpg

初日は家から50メートルほどの

公園まで行って帰ってくることに。。

ところがモリさん

散歩を終えて

帰って来るなり

8.jpg

と、やや困惑した様子です。

散歩中、いきなりしゃがみこんでしまった義父。

すわ!気分が悪くなって倒れたか!

と、かなり慌てたようですが

9.jpg

義父は何とポケットに忍ばせていたデジカメで

道端の植物の撮影会を始めちゃったそうです。

外出できたらまず大好きな写真が撮ってやろう!と

虎視眈々と準備している義父が頭に浮かぶようでした。

フリーダムな高齢者。

慣れるのが大変なのは、どうやらモリさんの方だったみたいです。

山田あしゅらさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。行年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP