介護と仕事の両立は可能?簡単に仕事を辞められるほど現実は甘くない/あぽり

こんにちは!
夫と、大学生の息子と、高校生の娘がいる
あぽりと申します。

2年以上前に倒れて4か月の入院後、
要介護1になった、
一人暮らしをしている母がいます。

その母の介護について書いています。

前回、デイサービスに行きたくないからと言って、
居留守を使ってさんざん心配させた母のことを書きました。

前回の記事:デイサービスのお迎えに居留守を決め込む母!頼むから電話に出てよ!/あぽり

この当時の母は、まだ一人で外出もままならない時だったので
週に二日デイサービスへ行き、
週に一日ヘルパーさんに来てもらい、
それ以外の日は私が介護する、
という事で毎日を過ごしていました。

今回と次回の二回に分けて、
仕事と介護の両立について、
私が思った事を書きたいと思います。

1905ahakken01.png

仕事をしている、と言ってもアルバイトで、
社員として完全フルタイムで働いている方とは
比較にならない働き方です。

週に4日勤務でそのうちの一日だけ9時~17時ですが(残業あり)
それ以外の日は基本5時間だけという働き方をしていました。(こちらも残業あり)

だけど、これでも
とっても大変だったのです!!

1905ahakken02.png

周りも、仕事との両立を懸念して、
私に「仕事を辞めたらどうか」と提案してきました。

たぶん、それが一番いいのだと思います。

1905ahakken03.png

でも、私達世代というのは、
家を買っていれば住宅ローンがあり、
子供が大学生だととんでもなくお金がかかります。
ざっくり言えば、4年間で1000万出ていく感じです。
(※通っている大学によります)
奨学金を使えばと言っても、
奨学金は借金ですから、無料になるわけではありません。
あまり多くは借りたくないのが心情...。

しかも、こんなにお金がかかるということを
子供が実際に大学に入らなければ知らないという。
なんとなく「お金がかかるよ」とは聞いていても、
現実にどのくらい飛んで行くのかを知るのは
大学に通ってからでした。
こういう人、うちだけじゃないんです。

二人目、三人目を抱えていたら
一人の子に全部投資するわけにはいかない。

一番お金のかかる時期なのではないかと思っています。

旦那さんの給料は変わらないわけですから、
たとえ大した稼ぎはないと言っても(笑)
奥さんの稼ぎが重要なカギを握ります。

あるのと無いのとでは大違い!

50代と言えば、自分達の老後の資金も考えないといけない。

この記事を書きながらも
頭が痛くなってくる話です(笑)

そこへ親の介護がやってくる!
時期的に、ちょうど重なる人も多いと思います。

あぁ...頭が痛い。

(子供が小さい時に介護が始まるのもこれまた大変だと思います!
子育てで精一杯ですよね)

1905ahakken04.png

私が仕事を辞めてはいけない!

...そんな風に思って、
しっかり両立させる気でいました。

甘かった!

1905ahakken05.png

会社にも迷惑をかけてしまうし、
その精神的ストレスと言ったら...!


こっちだって休みたくないですよね!
中には嫌な顔をされたり、
陰で何か言われたりする職場もあると思います。
この辺は、小さい子を育てている人が
仕事をする時にも起こる現象ですね。

そのうえ、今まで休みだった日に、
親の所へ行って介護をしなければいけない。


実質、お休み無し!になりました。

1週間のうち7日間全部、ひたすら動いている。

1905ahakken06.png

アラフィフは、更年期も重なり、
体調が絶好調の日は少ないです(笑)

毎日身体が重く、あちこちガタが来て
自分も病院に行かなければいけないことも。
自分、病気してる場合じゃないんですね!
しっかり健康でいなければ、回らなくなってしまう。
いっそ、倒れてしまえば休める!なんて思ったことも。
体調不良でも無理しないといけなかったですから。

そこへ毎日の家事なんて言ったらもう、
一人で二役も三役もやらなければいけない。

あと10年若ければ...!

何度この言葉をつぶやいた事か。

1905ahakken07.png

やるせない...!!(涙)

介護と仕事の両立は大変です。
辞められるものなら、辞めた方が
精神的にも肉体的にも楽になると思います。
旦那さんの給料で何とかなる方は
そういう選択も視野に入れていいと思います。

だけど私は、
働き方を少し変えたのと
家族に助けてもらい、
現在、両立させています。

次回は、現在の話を書きますね!

【次の記事】私が家事をやらなきゃ家族が困る...は思い込み!手を抜く勇気を!/あぽり【最初から読む】いつまでも母は元気と錯覚していた。「プチ介護」の突然の始まり/あぽり

【まとめ読み】母の介護に...夫との大ゲンカも!? あぽりさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

あぽり

50代の日常を楽しい絵日記で綴っているブログ「絵日記でございます。」を運営。ライブドア公式ブロガー。夫と、大学生の息子と、高校生の娘の4人家族です。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

あぽりさんのブログ:絵日記でございます。

コメント一覧

今まで読ませていただきましたが、なんだかお母様すごく残念な方ですね...サボりたいから連絡もつかないとか、介護してくれてる人にこの言いよう...私だったらここまで色々されたらこんなに親身に介護できないです。
大変ですね。私も20年前そんな日がありましたよ!一人娘だったので、親の介護は当たり前だと心に決めて、お前もいきてたら行く道だよと母から言われました。今そんな日が私に近づいてます。貴方のお子さん達も貴方の親に対する姿勢見てると思いますよ! 温かい心でお母さんに接してあげてね。
ご苦労様です。 私も最近まで仕事をしつつ、デイサービス、訪問看護を利用しながら要介護4の父を介護していました。 幸いにも看護師でしたので、自宅で中心静脈栄養を行い、最後まで世話をする事が出来ました。 大変さはお察しします。 無理せず上手に手を抜きながら頑張って下さいね。
ほんとに大変でしたね。お母様の言葉もあぽりさんの生活が一部しか見えていない、そして多少の認知症もある、というもがあるんでしょうけど、そんなこと言われたら心も折れちゃいそうになりますよね。 わたしは海外に住んでいるので母が倒れた時は父は「心配するといけないから」としばらく内緒にされて後で他人から入院していることを聞かされました。「もう子供じゃないんだからちゃんと判断できるから教えてよ」と言いましたが、きっと動揺する私を心配してくれたんだと思います。今は元気ですけどね。今は義両親を呼んで同居しています。7つ年上の義父をあれこれ世話してる義母を見て支えたいと思ったから遠方に住む二人を連れてきたのでした。あぽりさんもお母様が近くに住んでいるとはいえ、ご自分の家族もいるし、自分だってやりたいこと息抜きだってしたいだろうに、ほんとよく頑張っていらっしゃいますね。ほんとに一生懸命なのが伝わります。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP