頑なにデイサービス利用を拒む義父。義母の通所にまで口を出し.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年が経ちました。

前回の記事:デイサービスでお風呂に入って欲しい!いよいよ着手した義母の体臭問題。その結果は.../山田あしゅら

楽しそうにデイサービスに通い始めた義母。

70歳まで看護師をしていたこともあり、人と関わることは得意なタイプだったと思います。

デイサービスのスタッフも

1.jpg

とよくほめてくれました。

お世辞も半分とは思いますが、義父に抑え込まれることが多い家とは違い、義父のいないデイサービスではのびのび過ごすことが出来ていたのは確かです。

そういう意味でもデイサービスを利用できるようになって本当に良かったと思いました。

 

一方の義父。サラリーマンとして企業で45年間も勤め上げた人ですから、コミュニケーションをとることに関しては問題ないと思うのですが、どうやら仕事とプライベートは勝手が違うようです。

元々一緒に趣味などを楽しむ友人もなく、病気の進行により家で過ごすことが多くなった義父。

何度かデイサービスを勧めたのですが

2.jpg

と、応じることはありませんでした。

しかし、ゲームをしたり、工作をしたり、歌を歌ったり。義母には楽しいデイサービスも、

プライドの高い義父にしてみれば『幼稚園児がするようなこと、何でこのワシが?』と思うのは当然とも言えますけれど...。

義父は朝になると義母のデイサービスに電話をかけ、

3.jpg

と、休ませてしまうことがたびたびありました。

当初、週2日ほどしか通っていなかったデイサービスでしたので、医者に行くなら利用のない曜日に行っても良さそうなものですが、昔から亭主関白だった義父は義母がどんなに楽しそうに通っていようとも自分の都合を押し通そうとするのです。

かと思えば、これまたデイサービスに

「デイでは風呂に入っていることになっているが、女房に聞くと入っていないと言うじゃないか...」

4.jpg

と、電話で怒鳴り込んだりします。

コトの真相は

5.jpg

数分前の出来事を忘れてしまう認知症の義母。

デイサービスから帰って来た時には何をしてきたのか全く覚えていないため、義父の質問にオウム返しのごとく「入っていない。」と答えるようです。

そしてその義母の答えを真に受けて一方的に「入っていない」と義父は思い込んでしまうわけです。

義母の状態を見ればきちんと洗ってもらっているのはすぐに分かるのですが、義父は端から信じようとせず、クレームの電話をたびたびかけ続けていました。

こういったことが度重なり、デイサービスの利用者でもない義父はほとんどのスタッフに覚えられるほど有名人に。

そんな義父を見てケアマネージャーのおーさんは

6.jpg

と、つぶやくように言うのでした。

次の記事はこちら:私が義母の家事の機会を奪っていた?少し後悔しているあの頃のこと

関連記事:うつ病から一転、躁状態に...理不尽なクレーム電話をかけまくる義父に神経をすり減らす/山田あしゅら

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP