義父が肺炎で入院!義母はデイサービスに通い始め.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を、嫁の目線で綴り始めてもうすぐ10年になろうとしています。

前回の記事:「オムツなんてとんでもない!」義母の認知症を認められない義父だけど...

認知症が進行していた義母のデイサービス利用を再三勧めるにもかかわらず、なかなかそれに同意しない義父。

そんな義父が風邪をこじらせ、近くの病院に連れて行ったところ肺炎との診断がおり、即刻救急病院に入院する事態になりました。

1.jpg

症状は思いのほか重く、治療は最低でも2~3週間ほどかかるとのこと。

その時義父は78歳。いつ何が起きるかわからない年齢でもありました。

担当医から説明を聞くとともに私達息子夫婦は『万が一のことがあっても文句は言わない』という内容の念書と延命措置を施すかどうかの確認書を書くことになったのです。

2.jpg

それからしばらくは病院通いが続きました。

入院した救急病院は家から車で20分ほどのところにあります。

行って帰ってくるのに最低でも1時間はかかってしまいますので、認知症の義母を家に置いて通うわけにはいきません。

車の運転が出来て本当に良かったと、この時つくづく思いましたが

3.jpg

何をしに来ているかも分からない義母を同伴させての病院通いは容易ではありませんでした。

そこで、義父がお世話になっている(義父は当時ベッド貸与のみ介護サービスを利用していました。)事業所に電話して、義母のデイサービス利用をお願いしたのです。

すぐにケアマネージャーが訪問してくれ、事業所併設のデイサービス【かめさん(仮)】に

1日体験利用の運びとなりました。

元々職業柄(義母は50年近く看護師をしていました)人との交わりが好きな義母です。

体験利用の感触は良好で、そのまま週2回のデイサービスを開始することとなりました。

4.jpg

結果的に義父の入院と義母のデイサービス開始が同時進行となってしまったわけです。

現在の医療技術のおかげか

はたまた当人の強運のおかげか

入院当初は危うい状態だった義父はメキメキと回復。だんだん退院の二文字が見えてきました。

5.jpg

こうなると義母のデイサービス開始を義父に黙っているわけにはいきません。

6.jpg

おそらく知ったとたんに大激高するだろうな...と恐る恐るベッドの義父に報告したのですが

拍子抜けするくらいあっさりした返事が返ってきたのです。

7.jpg

肺炎による気力の低下もあったのでしょうが

認知症の進行により、だんだん受け答えもちぐはぐになっていく義母の扱いにそろそろ限界を感じていたのは義父自身だったのかも知れません。

関連記事:認知症の母親を週5回デイサービスに通わせて仕事を続ける方法/介護破産(19

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
友だちに教える
この記事が気に入ったらいいね!しよう
毎日が発見の最新記事をお届けします。
PAGE TOP
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット
毎日が発見ネット