コロナのストレスが爆発したのかな...53歳で「今までにない頭痛」に襲われ、CT検査を受けた結果は...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くあら
性別:女
年齢:53
プロフィール:ゆとりのある老後を過ごすために今頑張って生きよう。

8.jpg

ここ数年風邪らしい風邪をひいたことがなく、歯科以外病院とは無縁で過ごしてきました。

そんな中コロナによる自粛が始まり、進学するはずの長男が学校再開の見通し立たずで、自宅待機を余儀なくされました。

おまけに遠方で1人暮らしをしていた長女が、コロナの影響で仕事が激減し、一時的に家に戻ってきました。

夫婦と長男との3人暮らしが、この春からはようやく夫婦2人暮らしになると思っていたのに、まさかの4人暮らしになったのです。

それでもこの緊急事態なので、特に皆不平を言うわけでもなく、自粛生活が始まりました。
そんな生活が2カ月経とうかといったときのことです。

昼下がり、突然今までに感じたことのない頭痛に見舞われました。

でも、冷や汗を流しながら横になっていると、20〜30分で治りました。

その後は普通に買い物にも行けましたし、夕食の支度もできたので忘れかけていた頃に、二度目の頭痛が始まりました。

それも同じようにしばらく我慢していると治まったので、食事を済ませ、寝床についた頃、三度目の痛みが。

そして翌朝起床後すぐに四度目の痛みに襲われ、さすがにこれはただ事ではないかも...と思い、夫が休日だったこともあり近所の内科を受診しました。

問診の末、しばらくしたら治るのであれば、様子を見ましょうとのこと。

その日は何もなく過ごせたので、安心していたのですが、翌朝、今までで一番くらいの痛みがきました。

汗を流しながら床で痛い痛いと転がり回る私に驚いた夫が、ネットで近くの脳神経外科を探し、車で連れて行ってくれました。

そこで内科を受診したとき以上に詳しい問診があり、すぐに「CTをとりましょう」となりました。

人生初のCTに、「えっ! 私ってそんなに大変な病気なの?」と不安になりましたが、ほんの数分で痛くもかゆくもなく撮影は終了。

結果の写真をくまなく観察する医師を、夫婦で固唾をのんで見守っていました。

「奥様のような症状を訴えられたとき、私たち神経外科医が一番心配するのがくも膜下出血です。これだけはどんなにわずかな異状も見落としてはならないのです」

そう言いながら結果写真を動かす医師。

しばらく写真を見つめた医師は、こちらに向き直り、説明してくれました。

「今回なんの異状も見受けられませんでした。これ以上の安心が必要ならMRをおすすめしますが、今のところ特にその必要性はないと思います」

ああよかった、と胸をなでおろしたのですが、疑問は残ります。

「じゃあ、なぜこんな痛みが出るのですか?」

「CT画像で異状がないからには脳の問題以外で何かあるのではないか、としか言えません」

「更年期障害やストレスですか?」

「更年期障害は専門でないのでそちらを受診してもらわないとわかりません。ストレスから起こる頭痛はあります」

薬の処方もなく脳神経外科を後にしました。

その後、数日内に軽い頭痛は二度ほどありましたが、それ以降は頭痛もなく、普通に暮らしています。

「知らず知らずのうちに、コロナのストレスが重なって爆発したのではないか」

これが夫婦で出した結論でした。

我慢していると思ってなくても、たまっていくのがストレスなのだなと改めて感じました。

まだまだ油断できないコロナではありますが、事実上の罹患だけでなく、心のケアも大切にしないと、と思った出来事だったのです。

関連の体験記:「お嫁さんがかわいそうよ」頑なに同居を拒む母に、兄夫婦が思いついた「ほっこりする暮らし」
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

大変でしたね、ちゃんとお医者さんに診てもらえると少しストレスも抜けて安心しますね。 健康の事なので過信は禁物ですが免疫あげて頑張ってこの事態を乗り切りましょう!病院付き添ってくれる優しいご主人がいてうらやましいです!家族に感謝をして楽しく暮らせるとよいですね!!
普段ストレスのない幸せな日常を過ごされているのですね、羨ましいです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP