入退院を繰り返す88歳の父と老々介護の81歳の母。おひとりさまの私は今後どうすべき?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:naranara
性別:女
年齢:56
プロフィール:旅行と音楽が好きなベテランOL。

3.jpg

先日、父が救急車搬送されました。

寒さが続く中、お風呂でしっかりと温まろうとしていたのか、なかなか出てこない父を心配して母がお風呂場を覗くと、そこには湯船の中に倒れ込み、呼んでも返事をしない父の姿が!  絶叫に近い声で母から電話がかかり、私はすぐに救急車を呼ぶと同時に車で実家に向かいました。幸いなことに、実家と私の家は車で5分くらい。ほどなく駆けつけることができました。実家への道中、私は気が動転して手が震え、ハンドルを握りながら悪いことばかりを考えて、「どうしよう! 大変なことになった......」とドキドキしていたのを覚えています。

実家に到着してお風呂場へ行くと、湯船の中に倒れこんだ父の姿! 胸がドキン!となりました。肩を叩きながら「お父さん! お父さん!」と呼びかけると、目を薄っすらと開けてくれました。父は、裸で身体をよじるように湯船に倒れています。私は、動悸や手の震えがありながらも父の名前を叫び、バスタオルで父の身体を拭き寒くないように毛布を身体に巻きつけました。幸いなことに、すぐに救急車が到着。どれほど嬉しく頼もしかったか......。救急隊員の方々は、テキパキと対応してくれ、すぐに父を湯船から助け起こし、担架で救急車の中に運び入れ救急病院へ搬送、緊急手術で一命を取り留めました。

思えば、持病もありこの5年間入退院を繰り返していた88歳の父。現在は81歳の母と実家で2人暮らし。いろいろと細かいことはありながら夫婦だけで生活していたものの、父の具合が悪い時は、母はまさに老々介護の状態。これから私も実家に帰った方が良いのか、父を施設にお願いするべきか、はたまたそれより以前に、いつ父は退院できるのか。金銭的にも、母を含めこれからいくらぐらいの資金が必要なのか......。

バツイチおひとりさまの私には、頼るべき家族もいません。悩みは尽きず、私と両親は大きなライフスタイルの変更の決断を迫られています。友人たちや、経験者の方々の意見を参考にしながら、今後のことを決断していきたいと思いますが、不安でたまらないのが本音です。「その時考えればいいよ」、とアドバイスをもらうこともありましたが、実際は何かあってから慌てても遅いと感じました。頭ではわかっていても、ぼんやりとイメージしていただけで、具体的な対策を取っていなかったことを後悔しました。遅いかもしれませんが、これから両親の終活を含め、自分の今後の身の振り方を、しっかり考えていきたいと心から思っています。

関連記事:親が70歳過ぎたら介護はいつ始まってもおかしくない! うまく乗り切るための準備が必要です

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP