現場検証?解剖!?認知症の母が知らせてきた父の突然の死

pixta_1555823_S.jpg

ペンネーム:ぴろ
年齢:53
プロフィール:夫婦2人と犬1匹で暮らしています。パート主婦です。親の介護の問題が身近になってきました。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

両親とは離れて暮らしていました。数年前から母が認知症になり、父が主介護者として老々介護の日々が始まって数年。その父が本当にあっけなく心臓発作で亡くなりました。

ある日、母から電話が。

「お父さん、お亡くなりになったみたいなんだけど」

私はびっくりして「救急車は呼んだ?」と聞きました。

母は、「いいや、まだ」と。

私は、「わかった私が呼ぶからそのまま待ってて」といって電話をきったものの、私のいるところは親のいる市町村ではありません。パニックになっていると夫が起きてきて「おじさんに様子を見てもらおう」という冷静な意見が。

母はその時、認知症と診断されてから数年が経過していました。そのため夫は本当かどうかわからないから、車で30分ほどのところに母の兄が住んでいるので、その兄(私にとっては叔父)に様子を見てもらって報告してもらおうというのでした。

叔父に連絡して行ってもらったところ、亡くなっているようだが一応救急車と警察に連絡したと電話がありました。警察がきているということで普通の形ではないので、いつお葬式ができるかわからない状態ですが、会社を休み車で実家へ向かいました。急なので何をしていいのかわからず、とりあえず葬式をしなければ、親戚に連絡しなければと、あせりながら、思いつくまま荷物をまとめていきました。

その日にうちに実家に着いたのですが、現場検証のため家族も家に入れません。その夜は叔父の家に泊めてもらうことになり、実家へ帰れたのは翌日の夕方でした。

母がいう父の死についての話が曖昧だったり、前言っていたことと食い違ったりしていたので、死因をはっきりさせるため遺体は解剖されることになり、まだ戻ってきていませんでした。
葬儀の執り行なった経験はなく、いつどのタイミングで誰に連絡するのか、思わず警察の方に葬儀の準備はもう始めていいのですか? とたずねた私。2日ほどで遺体は戻るので、葬儀屋さんに連絡してもらって準備を進めてくださいと言われました。


解剖の結果、推定死亡日時が判明し、母が電話をくれたのは父が亡くなってから1、2日経っていたことがわかりました。その間、母一人で何も食べずに過ごしていたのかと思うと、切なくなりました。なんとか私に電話をかけられたから良かったものの、もう少し遅かったら母まで亡くなっていたかもしれません。

祖母の葬儀の時にお世話になった葬儀屋に電話して事情を話しました。まず言われたのはお坊さんに連絡してくださいということでした。家族葬にしようと思っていましたので、親族だけで小規模にやりたいと伝えましたが、葬儀屋の担当者は具体的にどこで線を引いたらいいのか聞いてきました。新聞のお悔やみ欄に載せるといろんな人から問い合わせがあり、対応に困るので決めてほしいと。結局、親の付き合いの程度などわからないことが多かったので普通のお葬式になりました。結果として金銭的にも周囲の方との関係的にも良かったと思います。

母が認知症と診断される1年ほど前、私は母にエンディングノートを渡していました。書いておくといろいろ便利だよと渡しておいたのです。それが今回の父の葬儀の際も本当に役立ちました。もともと几帳面な性格だった母、父に関する事もほぼ記入してくれていました。葬式の希望、資産の状況、友人や親戚の連絡先などです。

初めての葬式にも関わらず滞りなく進めることができたのは母のノートのおかげです。

もうひとつ、ありがたかったことは遺影写真を準備してあったこと。ドタバタしたなかで良い写真を選ぶなんて本当にできないと思います。おかげで、参列者皆さんがいい写真だねと言ってくれました。

親の死なんて、まだ先のことだと思っていたら突然その日はやってきました。
皆さんも縁起でもないと思わずに少しだけ考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事:お墓や葬儀の費用ってどれくらいか知ってる?「終活」を真剣に考えてみる

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP