もう歩けなくなるんじゃ...と不安。義母の車いすを嫌がる夫。/なとみみわ

さまご無沙汰しております。イラストレーターとみみわ です。しばらく実母の話を描いたり、本の紹介をさせていただいておりましたが、今月からまた一昨年亡くったばあさんの話を描いていこうと思っております。何卒、よろしくお願い致します。

発見人物紹介a.jpg

20年近く一人暮らしをしていた義母(ばあさん)と同居を始めて7年経った頃。

少しづつばあさんにも「老い」がやってまいりました。

あ、もちろんもう80過ぎてましたから、老いてはいるんですけど、この辺りからなんかこう・・・はっきりと「老い」がわかるようになってきておりました。

毎週通院していたクリニックの先生から

腎臓の検査1a.jpg

腎臓って言ったら、血液の老廃物や余分な水分をろ過して尿を作っている大切な大切な臓器ではないの??

先生も大きい病院で調べてもらったほうがいいよ。というので早速、紹介状握りしめて近くの総合病院へ。

今日は荷物も届くし、防災センサーの点検もあるし、ワンコのお世話もひっくるめて家のことは全部ダンナに託し、なとみがばあさんの検査の付き添い。

この日ばあさん膝も痛くって、歩くのやっと(汗汗)

今日は、血液検査、尿検査、と移動も多いだろうし・・・

う~~~ん・・・仕方ない。

腎臓の検査2a.jpg

車イスに乗ってる姿を見るともう歩けなくなるんじゃないか・・・って不安になるらしい。

でもその気持ち、わかるなあ・・・。

そのぐらいばあさん、どっと老いてきたのです。

【まとめ読み】ばあさんとの介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍

81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

泣けちゃった…この人優しい❣️ 気持ち、よ〜く分かる… 心根の優しい人です。自分の親の時、オットの親の時…いろんな事を思い出しました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP