「あなたたちが後悔するわよ!」認知症の義母がトイレのリフォームを断固拒否して...⁉/バニラファッジ

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。今回からは「リフォーム」のエピソードを3回にわたってお届けします!

前回の記事:遺言書、ついに完成! すると義叔母の体調に異変が...⁉/義叔母の遺言書(5)

今回のお話は、家のリフォームで様式が大きく変わったトイレに戸惑った認知症の義母のお話です。

76-1.png76-2.png

当時、義母と義叔母(おばさん)が生活する「離れ」は、汲み取り式の外付けの和式便所でした。

リフォームで屋内に水洗の洋式トイレを設置することになったのですが、大正生まれのお義母さんがそれに猛反対。

その剣幕に押されて、外の和式便所をそのまま残して洋式トイレも屋内に作ることになりました。

しかし改築中は外の便所が使いにくい状態だったので、足の悪いおばさんが使っているポータブルトイレをお義母さんにも使うよう、伝えました。

76-3.png

もう、お義母さんはぷんぷん!

それでも洋式のトイレトレーニングも兼ねて、お義母さんにも半強制的に使ってもらいました。

しかし、前はおばさんだけが使っていたポータブルトイレでしたが、2人分ともなるとその始末もなかなか大変で...

76-4.png

とにかく、新しい水洗トイレが1日も早くできることを1番望んでいたのは、私でした。

そしてついに完成!

76-5.png

認知症のないおばさんは、新しい環境や便利な物を受け入れる力がまだありましたが、やっと外の和式便所から卒業できたお義母さんが、今度はポータブルトイレに落ち着いてしまい、水洗の新しいトイレを使うのは嫌だと言い始めました。

(つづく)

【次のエピソード】「ばあちゃんち、臭い!」認知症の義母が新しいトイレに馴染めず、大騒動に...⁉/バニラファッジ

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

【まとめ読み】義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP