食欲が落ちてきた80代後半の母を元気づけようと、「おやつ」の差し入れを始めたら...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しまじろう
性別:女
年齢:52
プロフィール:春なのに〜どこか行きたいな〜。

18.jpg

母は80代の後半です。

父が亡くなって一人で暮らしています。

特に持病があるわけではなく元気にしているのですが、高齢なこともあり、兄が毎日通い、時に寝泊まりすることもあります。

私は少し離れたところに住んでいるので、月に一度くらいしか会っていませんでした。

ここ数カ月、母が痩せてきたように感じました。

聞けば、動かないこともあって、食欲が無いのだといいます。

膝が痛むので歩くのが億劫で、一日中横になってテレビを見ているだけだそう。

買い物はほぼ兄がしています。

料理も兄がだいたい作っていて、母は食べたければ欲しい時に食べる感じだそうです。

お茶やコーヒーが飲みたければお湯を沸かして入れたりくらいはしても、年を取るにつれ料理もあまりしなくなりました。

兄には仕事があり、母のことを四六時中見ているわけではありません。

太った痩せたと気付くこともなかったようです。

母の年齢で病気でもないのに痩せていくのは心配です。

なんとかしようと私は栄養価の高い食べ物を作り始めました。

甘い物が好きな母ですが、コレステロールなどの心配もあり、初めは砂糖は極力控えたチーズケーキや、アップルパイ、あずきは体に良いはず、とおはぎやぜんざいなど。

せっせと作っては持って行きました。

けれどなかなか体重が増えません。

次は百貨店などで美味しいと評判のバームクーヘンや、バターサンド、クロワッサンなど、一般的にはダイエット中、食べたいけれど我慢しなくちゃ、みたいな食べ物を行列に並んででも買って、積極的に食べさせる作戦にしました。

元々少食な母は、「美味しいね」と口にするものの、一度にたくさんは食べられません。

生菓子など、日持ちのしないものはもったいないので、母が食べられる分だけ食べさせて、残りは私が食べたり兄が食べたりしていました。

その結果、困ったことに、太らせたい母にはあまり変化がなく、常にダイエット中の私の体重が増えてしまったのです。

これはやばいと、買う量を極力控えて(ケーキなども一個だけ買うようにして)食べたくても残り物に手をつけないようにし、母に「もったいないから少しずつでも全部食べてね」とお願いしました。

そうこうしているうちに、母をデイサービスに連れて行くことを決めました。

家で一人でいるのはよくないと思ってからです。

母はそこで体を動かしたり、他の方とおしゃべりをするようになりました。

初めは乗り気でなかった母も、行ってみると思いのほか楽しかったようです。

みんなでおやつを食べたりお昼を食べたりするうちに、少しずつふっくらとしてきて、一安心しています。

けれど、前以上にふっくらしてしまった私。

甘い物の中毒を断ち切ることに、いまだに格闘する毎日なのです。

関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い
関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?
関連の体験記:隣の若い夫婦から「付き合いを控えたい」とまで...。「天然が過ぎる」60代義母にモヤモヤ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP