コロナ禍だからこそ家の中を華やかに。クリスマス以降も使えるオーナメントの活用法

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しらたま
性別:女
年齢:45
プロフィール:家族が健康で過ごせたことがこんなにありがたかった年ははじめてでした。健康第一!

50.jpg

私は45歳。

一つ年下の夫と、10代の娘との3人暮らしです。

私はシンプルなインテリアが好きで、自宅は普段できるだけ物を並べないよう心がけています。

しかし、シーズンイベントの時には話が別。

特にクリスマスとお正月には、自宅の至る所を飾りつけます。

ただ、2020年のクリスマスや21年のお正月は、みんなで集まることがためらわれるという、今まで経験したことのない状況でした。

そこで、せめて家の中だけでも、おめでたい雰囲気を楽しみたいと強く思ったのです。

ツリーに飾ったりテーブルコーディネートにも使えるクリスマスオーナメントや、お正月用のデコレーショングッズは、かわいいものがたくさん市販されてます。

でも、素敵なものほどお値段が高いのがネックですよね。

しかし11月のある日、家族で訪れたアウトレットで、なんと70%オフでオーナメントのセットを購入できたのです。

雑貨専門の店舗は、私にとって入るとつい無駄なものまで購入してしまう、危険な魅力がいっぱい。

そのため、普段はあまり見ることがありません。

しかしその時は、娘が自分の部屋のインテリア用品を探すというので入店しました。

素敵な商品はたくさんあるのですが、アウトレットとはいえ、気になるものはそれほど安いわけでもないと感じました。

食指が動くものを発見できずにいた時、店舗の一角にお買い得コーナーを発見。

そこにはなんと、クリスマスオーナメントが実に50個以上も入ったセットがあったのです。

赤、ゴールド、ホワイトの丸いツリー用オーナメントの大小さまざまなサイズが入っています。

そして価格はなんと定価の70%オフ!

通りかかった店員さんに尋ねると、プラスチックのケースに破損があるため、破格の値段で販売しているとのこと。

確かにケースの角が割れていましたが、オーナメントは全くの無傷です。

残り1点だったそのセットは、もちろんすぐに私が購入しました。

12月に入って我が家の大型ツリーを出すと、さっそく飾り付け。

大きさもいろいろなので、ツリーによく映えます。

たくさんあるので、拾った松ぼっくりにスプレーで白や金に着色したものや、生花店で購入した生のもみの枝と組み合わせて、テーブルセンターなどにも使いました。

また、色味が紅白と金なので、クリスマスが終わった後には松の枝や南天などの赤い実物と一緒に、お正月用のデコレーションにも流用しました。

おめでたい雰囲気のお正月飾りが、例年よりも華やかになりました。

季節の行事を大切にすることは、娘にもぜひ引き継いでいきたいと思っているので、娘と一緒に飾り付けを楽しむことができたのも楽しかったです。

新しい年も不安な幕開けになりましたが、こういう時だからこそ、家の中で楽しむことができて良かったと思っています。

関連の体験記:「もう二度と行かない!」母のおせち作りの手伝いに駆り出された妻が激怒して帰宅し...
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP