ショック!「まだ50代なのに」朝、起き上がったらまさかの惨劇。衰えを痛感し、心がけていること

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ラズベリージャム
性別:女
年齢:52
プロフィール:愛ネコ2匹と暮らし日々癒されています。50代にして再就職! 人生これからのアラフィフです。

94.jpg

2021年11月の終わりのことでした。

いつもは朝目覚めるとすぐに起きないように心がけています。

自分に起きるよ、と声をかけ、手足を少し動かし、呼吸を整えてからゆっくりと起き上がります。

介護士時代の経験から学んだことです。

しかし、その日は少し寝坊してしまいました。

「しまった! 娘のお弁当を急いで作らなきゃ!」と焦ってしまい、うっかりすぐに起き上がってしまいました。

そのときです。

足が絡まり、手をつく暇もなくベッドから落ちて転倒してしまったのです。

ドスンという鈍い音がして、夫もびっくりして部屋に飛び込んできました。

近くにマッサージチェアがあったため、そこに覆いかぶさるように転倒。

マッサージチェアが倒れかけましたが、戸棚に突っ込まずにすみました。

でも、冷や汗が体からどっと...大けがをしていたら大変です。

介護士時代から高齢になると転倒しやすくなることを学んできたのに、50代で転倒してしまうなんて...。

自分が高齢になってきたことを改めて実感しました。

転倒はこんなに怖いことなのか、と痛感。

まだまだ若いと思っていたのに、身体と脳は確実に衰えていると分かるとショックです。

その日以来「今、自分が何をしようとしているのか」を考えてから行動しています。

例えば「今から振り向く」「食事をする」など、行動を思い描いてから動くようにしています。

体を動かす能力が衰えてきた今、頭で考えて命令を体に伝えることを真剣に意識するようになりました。

そう言えば、食事をする際、考えごとをしているとむせてしまうことがあります。

これも加齢からなのか、食道と気管を間違えてしまうみたいです。

若さで乗り切れていたことって本当にたくさんあるんだなと感じています。

でも、50代で転倒を経験したので、今から対策できるとポジティブにも捉えています。

高齢になって転倒をしてしまうと取り返しがつかないので、日々歩くことや脳の活性化に力をいれていこう! と誓った出来事でした。

まだまだ元気で過ごしていけるように日々鍛えていきたいと思います。

関連の体験記:運動神経が自慢「だった」私がバドミントンで連続尻もち? 50代って思っているより身体が重い!
関連の体験記:「警察です」血の気が引いた電話の要件は「高齢の母の転倒」。思案の末の「転倒防止策」は...
関連の体験記:転倒し、気絶した私が見たのは、膨大な数の「人の顔」。砂嵐の中に浮かんでは消えていく人たちは誰!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP