まだ50代なのに立ち上がるだけで尿漏れ。「このままではいけない!」と一念発起

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:夢乃
性別:女
年齢:54

プロフィール:子供二人がアラサーになり、さてこれからは自分の人生と思っていた矢先に母と同居することになりました。

19.jpg

よく出産を経験すると骨盤底筋が緩んでしまい、クシャミをすると尿漏れをすることがあると聞いていましたが、出産当時はあまり意識することはありませんでした。

ただその後、年齢とともに筋肉自体が衰えてきたことを感じるようになったのですが、合わせて骨盤底筋も弱くなってクシャミをすると尿漏れをするように...。

これではまずいと、腹筋とスクワットを週に3日ほど行うようにしました。

しかし、体力が衰えてしまったのか、はたまた筋力がさらに弱くなったせいか、クシャミだけではなく、立ち上がる時にお腹に力を入れただけで尿漏れするようになってまったんです。

今年の夏に重度の熱中症にかかった際は、その後遺症で全身の筋肉が強ばって動けなくなってしまう状態に陥り、3日間ほど寝たきりになったことがありました。

その時は這ってトイレまで行くような始末で、「これでは仕事に復帰することができない」と思い、一時的に休職することにしたのですが、それが仇になりました。

通勤しなくなったことでさらに筋力が低下してしまったのです。

元々腰痛持ちでもあるためサポーターを腰に巻いて生活していたのですが、そのサポーターも筋力低下させてしまう要因の一つだったようです。

まさか自分がそんな事態に陥ってしまうとはつゆほども思っていなかったので、体の変化についていけない事にショックを受けました。

「このままではいけない!」と改善策を必死に考えました。

まずはじめに行ったのは全身のマッサージ。

全身が強ばってしまい、立つことすらままならなくなってしまったため、スムーズに立ち上がれるよう関節を動かすことから始めたわけです。

マッサージをやりはじめて2日目、どうにか這わずに動くことができるようになりましたが、立ち上がる際にお腹に力を入れると、また尿漏れをしてしまいました。

急激に筋力が落ちてしまったようで、また一から鍛えなおさなくてはなりません。

またスクワットもやり直し、股関節や膝の筋力を強化することにしました。

加えてウォーキングもすることで体力アップを目指します。

そして、2時間ごとに尿意を感じる前にトイレへ行くよう心がけるようにしています。

また、椅子に座ることを心がけるようにもなりました。

ダイニングテーブルなどがない我が家はローテーブルに座布団スタイルのため、立ち上がるのにはどうしてもお腹に力を入れてしまうのです。

それで尿漏れしてしまう事があるので、回避のためには椅子に座った方が良いと思ったからです。

歳を重ねていくごとに筋力は低下していきますが、予防のためにも毎日腹筋とスクワット、今ではバランスボールを使って体幹も鍛えるようにしています。

完全に対策がとれているかどうかは定かではないですが、少しずつ尿漏れは回避しているように思えます。

これからも筋トレは欠かさないようにしたいと思います。



関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」
関連の体験記:弟の妻が幼い子供2人を残して亡くなってしまい...80歳の両親が「子育て」に乗り出した結果は...⁉
関連の体験記:うわっ! 実家のトイレでフリーズした私。きれい好きだったはずの母が心配になった「衝撃的な出来事」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP