53歳、ラグにすらつまずくように...。そんな私が思いついた「2つの自宅トレーニング」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さくらみちこ
性別:女
年齢:53
プロフィール:運動はやっぱり大切。それを実感しています。

32.jpg

2020年8月の事。

なんだか足腰弱ってきたようで、ラグにすらつまずくようになりました。

1センチ程度の厚みのラグに、何度も何度も...。

そりゃ、私はもう53歳、若くはありません。

これくらいの事あるのかもしれないとは思います。

しかし、「それにしてもちょっとこれは早くない?」と少々困惑する気持ちだってなくはないのです。

それに、実はこうなった原因が何となくわかっているのです、私。

きっとそれは運動不足。

実は私、半年くらい前までは、毎夕30分程度のウォーキングをしていました。

この5年間ほとんど毎日。

しかし、2020年となり、コロナやら更年期に邪魔されてウォーキングを中断し、殆ど引きこもりの生活に突入しました。

家事の殆どはこなしているものの、仕事はずっと座ったまま。

これといって運動もしていませんので、どう考えても運動不足です。

だからきっと、ラグにすら躓く体になったのだと思うのです。

でも、まだまだコロナは終息していませんし、外は異常な暑さなので、ウォーキングを再開するタイミングではないと。

でも、ラグに躓かない足腰は手に入れたいので、室内トレーニングを始める事に決めました。

さて、何をしよう...。

最初に頭の中に浮かんだのが専用マシンを購入してのトレーニングですが即刻却下。

この方法、これまで何度も挑戦しましたが、続けられなかったという過去があります。

じゃ、何にする?

楽しみながら運動したいし、時間を有効に使いたい、そして成果は絶対に欲しいのです。

「何ならこの願いが叶うかな~?」とあれこれ考えた結果、2つのトレーニングを思いつきました。

1つ目は踏み台を使っての昇降運動。

凄く地味な運動ですが効果絶大な運動なのだそう。

中学校の部活で嫌というほどやらされたのを思い出します。

これなら、自宅の踏み台でできますので、何も買わなくてOKです。

それに踏み台昇降は立派な筋トレ。

全身の筋肉の7割は下半身についていると聞いたことがありますので、効果的に筋肉を増やせそうです。

でも、しんどいのは嫌なので、まずは週1回、5分程度から始めることに。

慣れたら増やせばいいカナと考えています。

そして2つ目は室内ウォーキング。

1回30分程度を朝夕に実践します。

正しい歩き方で歩くこと、時間をクリアすれば成果は得られるそうですが、それでは飽きてしまいそうなためちょっと工夫をすることに。

その結果、柔らかいクッションの上を歩く事に決めました。

不安定な所を歩けば運動効果もアップできるみたいなので、より高い効果が得られると判断したのです。

いわゆる砂浜ウォーキングのアレンジですね。

トレーニングをしているという充実感も得られるため、モチベーション維持に繋がります。

あとは継続性ですが、これはテレビが味方です。

二つの運動はシンプルそのものですので、考える必要はなくてただひたすら続ければOK。

ということは、好きなドラマ、音楽、映画など、何かを見ながらでも実践できるのです。

撮りためたコンテンツを見ながらのトレーニングなら、時間を有効に使えますし、何よりトレーニングが楽しみになります。

そんな感じで2か月ほど続けた結果、少しだけ身体が軽くなり、ラグに躓く頻度も少なくなったような気がしています。

しかし、目標はラグに躓かない体を手に入れる事。

ですので、「成果があった!」とまでは言えません。

引き続きトレーニングを続けて目標を達成したいと思います。

関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...
関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP