根拠のない自信の報い...⁉ 51歳、170cm、89kg。うどんの早食いが得意な私を襲った「腰の激痛」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:まっちゃん
性別:男
年齢:51
プロフィール:53歳団体職員。特技はうどんの早食いです。最近太りすぎで腰が痛くなりました。

39.jpg

私は53歳の団体職員です。

40歳を過ぎたあたりから、外回りから事務仕事が増え始めたせいか、だんだんと太り始め、現在170cmで体重が89kgあります。

学生の頃は野球をしており、今でもたまに草野球などにも参加しています。

だから運動面と言いますか、体のことは、野球しているから大丈夫だろうというなぜか根拠のない自信があり、あまり気遣ってはきませんでした。

しかし先日、その報いが突然やってきてしまいました。

仕事中に足に激痛が走り、その場で座り込んで動けなくなったのです。

自分でもなにがなんだかわかりませんでした。

私は今までぎっくり腰というものになったことがなかったのです。

「これがぎっくり腰というものなのか」

などと考えながら、とにかく同僚に勧められるまま午後休をもらい、整形外科に行くことにしました。

そしてレントゲンとMRIの結果を見ながら医師に告げられた言葉は、私が思っているより少し深刻でした。

「第3と第4腰椎の間の椎間板が飛び出して、椎間板ヘルニアを起こしてしまっている」

医師は私にそう告げました。

原因はここ数年で急激に太ってしまったことと、デスクワークのせいだろうということでした。

腰に負担をかけていない人でも、なんの前兆もなく私のように突然痛みを覚えることもあるようです。

とりあえずその日はコルセットと鎮痛剤を頂きました。

しかし、3日服用しても痛みが治まらず、ブロック注射も試しましたが、少しするとまた痛みがぶり返してくる感じでした。

「痛みが引かず、生活に支障が出ているので完全内視鏡下腰椎椎間板摘出術という内視鏡を使った手術をしましょう」

医師からはそう提案されました。

正直、腰痛で手術するのか!? と驚きましたが、最近では内視鏡を使うと傷口も1~2㎝ほどで済み、体にもそこまで負担がかからないとのこと。

どうしても痛みが治まらない人や、しびれがある人は手術を受けることが増えているようです。

ただ診察を受けた整形外科さんでは手術待ちの方が数名いるようで、流石に多少入院も必要とのことなので、手術の日程は少し先になってしまいました。

ちょうど仕事も大切なプロジェクトを任されており、遠くの病院まで通って再度診察を受けて手術をしてもらうというのも難しい状況です。

今はブロック注射を仕事帰りに打ってもらい、しのいでいる状態です。

「もしかすると薬を飲み続けて、炎症が治まってきたら症状が軽くなるかもしれません」

医師はそう言ってくれましたが、最近では立っているのさえ辛いです。

手術でもなんでもいいから、早く楽になる日が来ないかと思う毎日です。

関連の体験記:な、なぜ⁉ 足腰が弱った認知症の義母が寒い中ひとりで外へ。推理した結果は...⁉/山田あしゅら
関連の体験記:「これは要らんやろ。贅沢や!」お金のない結婚生活...買い物カゴを夫がチェックする日々/かづ
関連の体験記:パート代のほとんどが病院代に消えていく。15歳、肝臓ガンで療養中の老犬のためにできること

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ストレスがありませんか? 特に、怒りのストレス。 私は椎間板ヘルニアを長年患っています。 友人から薦められ、ある本を読みました。 私の認識で要約すると 「怒りのストレスが腰痛を引き起こす。怒りのコントロールが出来れば腰痛は終わる」 と書かれていました。 自己暗示?それからの私は嘘のように腰の痛みから解放されるようになりました。 「こんなことで痛くなるのはイヤだからもう忘れよう」 「あんな人に腹を立てて自分が痛くて動けなくなるのはイヤだから気にするのはやめよう」 そう思うだけで、もうここ5年ほど、コルセットも使わずに済んでます。 (本の宣伝と思われると申し訳ないので題名は控えます)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP