ちょこちょこ売って6万円貯まった!45歳主婦が始めたフリマアプリ「私なりの売り方3つのコツ」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みずたまり
性別:女
年齢:45
プロフィール:スマートスピーカーのカラオケで歌うのがマイブームです。

38.jpg

現在45歳で、10歳と8歳の子どもと夫の4人家族です。

突然ですがフリマアプリデビューしました。

初めてテレビCMをみたときは「そんな馬鹿なー」「若い人がやるもんだろう」という気持ちでした。

しかし繰り返し見るうちに「もしかしたら売れるのかも?」と思い始め、ダメ元でやってみようという気持ちになりました。

スマホにアプリをダウンロードし、写真を撮って、アイテムの種類を選択して、お値段を決めて出品ボタンを押す。

テレビCMの通りあっという間に出品することができて驚きました。

初めて出品したのは洋服です。

セールで買ったのですが、色が水色で派手に見えてしまい、着られていなかったトップスでした。

定価が5900円のものをセールで3000円程で買いました。

これを2000円で販売したら本当にすぐ売れてしまいびっくりしました。

その後は、雨にぬれても大丈夫なようにビニール袋につめたあと、茶封筒に入れてコンビニに行くだけ、大した手間もありません。

感動でした。

使い方を覚えてからは子どもが小さかった時の服やおもちゃを出品しています。

誰かに使ってもらえればいいと思っているので、お値段はかなり安めです。

それでも数百円の利益はでるので赤字には絶対なりません。

これまで、私が「比較的高値で売れるな~」と思うのは、絵本類や木のおもちゃ、そしてブランドのお洋服です。

流行に左右されないもの、世代を越えて愛されるもの、長持ちするものは人気なんだなと思います。

また、引き出物でもらうようなブランド物のお皿や、買ったけれど使わなかった雑貨、海外旅行で買ってきたお土産なども早く買い手が見つかりました。

私なりの売り方のコツは3つあります。

1つ目はとにかく写真を綺麗に撮ることです。

背景は白がおススメです。

明るくくっきりと写るので綺麗に見えます。

2つ目はコメントを詳しく書くことです。

汚れや傷があれば詳細を書きます。

相手の立場になって「こんなの知らなかった!」ということがないように丁寧に状態を伝えます。

3つ目は値引きに応じることです。

フリマアプリは値引き交渉が本当に多いです。

基本的には応じますが、3割以上の値引額を提示されたときは妥協できる金額までの価格を提示し、相手の判断に任せます。

私の場合、この3つを意識して行っており、ありがたいことに順調に売れています。

フリマアプリのおかげで、大嫌いな片づけが進むようになり、家が綺麗になって家族みんなが喜んでいます。

また、私が出品したものを誰かが喜んで使ってくれていることがとても嬉しく、励みにもなります。

ちょこちょこ売り続けて、溜まったお金は6万円程になりました。

日帰り旅行に家族で行こうかと考え中です。

関連の体験記:「汚家」から「キレイな新居」になって...引きこもりだった認知症の祖母に「驚きの変化」が!/ゆるりまい
関連の体験記:連絡なく突然家に来る母。なぜ!?と問い詰めると、同情できる理由が...
関連の体験記:私の悪口を「私の親」に言ったの!? 息子たちがなつく義母だけど...たまに見せる「悪魔の顔」に涙

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

バザーで売り上げでこども園に寄付とかしたことしかないからフリマアプリも楽しそうですね。 不思議に思うのはそうやって稼いだお金に税金ってかからないのかな。黙っていたらわからない気もするけど、どうなってるの?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP