「わき腹肉撲滅」のため43歳酒好き夫が禁酒! 体調もさることながら、何よりうれしいのは...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ポン酢鍋
性別:女
年齢:43
プロフィール:今さらですが、スムージー作りがマイブーム。毎朝いろんな野菜や果物でスムージー生活満喫中です!

20.jpg

主人は、私と同い年の43歳。

お酒が大好きで、特に夕食の時にビールを飲むのが至福の時間だそうです。

主人はアルコールに強く、たくさん飲んでも泥酔することは滅多にありません。

また、二日酔いで苦しんだ経験もほとんど無かったため、これまで気が向くままにお酒を楽しんできました。

しかしそんな主人は最近、お酒の量を少し減らそうと努力しています。

なぜなら、ある日ふと気づいたら、脇腹に今までなかったぜい肉がついてしまったから。

年末年始は忘年会や新年会、クリスマスやお正月は、お酒を飲む機会が多いものですよね。

そんなシーズンに、いつも以上にお酒を楽しんでいた主人。

ですが、予期せぬわき腹肉の出現に、さすがにまずいと感じたようです。

歳をとると落ちにくいという、わき腹肉の突然の出現。

噂には聞いていました。

しかし、自分にそんなことが起きるなんて思ってもいなかった主人は、内心とても焦ってしまったということなのです。

「わき腹肉の撲滅」に向けて、当初はダイエット宣言をした主人。

食事を主に作るのは私なので、もちろん協力すると申し出ました。

しかし、インターネットでいろいろと調べるうちに、アルコールを控えて適度な運動をするのが効果的と知り、断酒に挑戦しようと考えたそうです。

成人してから今まで、主人がお酒を飲まなかった日はほんの数える程だそう。

改めて、これまでそんな生活で、体調を崩すことがなかったことにも驚きました。

そうと決めたら決断が早いタイプの主人は、早速その日から禁酒をはじめました。

運動は、朝晩のなわとびと軽いジョギング。

食事も多少ですが、糖質を控えるようにしました。

また、これまで夕方以降に飲む水分といえば、ほとんどがアルコールだったので、夕食時には水、食後にはカフェインが入っていないお茶を飲むことに。

ハーブティーなどをいくつか揃えて、日替わりで楽しんでいます。

さて、お酒を飲まなくなって1週間。

主人の様子に少しずつ変化があらわれました。

むくみがとれたのか、顔つきが少しスッキリして、肌の調子がよくなったようです。

さらに今まではビールの飲みすぎで、夜中に何度かトイレに行っていたそうですが、起きることもなくなりました。

わき腹はまだそのままですが、体が軽く感じるとのこと。

体重には変化は見られないようです。

そして主人の体調以外でも、大きな変化が。

それは、アルコール類の購入費用がかからなくなったことと、空き缶などのゴミが格段に減ったことです。

食品の買い出しや、資源ごみの日に、強く実感しています。

主人が健康になって、しかも節約になるなんて、私も嬉しい限りです。

いつまで続くかわからない断酒ですが、主人にやる気がある限り、サポートしていきたいと思っています。

関連の体験記:「こんなに守られていたんだ...」娘が18歳になり「児童扶養手当」の受給が終了。そのありがたさを痛感...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP