アルミホイルは洗って使え!?倹約家の義両親のダメ出しがストレス

19.jpg

ペンネーム:とも
性別:女
年齢:47
プロフィール:現在専業主婦で夫の給料で生計を立てています。生活費のやりくりについて義両親からのチェックが厳しいのが辛いです。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

◇◇◇

夫はひとりっ子なこともあり、両親から溺愛されています。それは、夫と付き合っていた当時からわかっていたことですが。今でも、彼らにとって2人の孫がいるにも関わらず、明らかに孫より息子のほうを可愛がっているとわかるほどです。

義両親は、今でこそ普通よりも余裕がある暮らしをしていますが、結婚当初は金銭的に苦労をしてきたようです。そういった過去もあり、生活費の節約、倹約に関しては、かなりうるさく口を出してきます。

私たちは、子供が産まれる前までは共働きだったこともあり、自由気ままに計画性もなくお金を使ってきました。それを今さら言われます。無駄遣いばかりをして貯金もせずに、住居を賃貸するなんて、本当にもったいなかったと。

しかし、今私は専業主婦なので、夫の収入でやりくりしています。そう、大事な息子のお給料を、やりくり下手な嫁のせいで無駄に浪費していることが許せないようなのです。会う度に、本当に細かくチェックされています。

一緒にスーパーに買い物に行くと、義母はまず賞味期限ぎりぎりのワゴンセールやシールの貼ってある物のチェックをすすめます。賞味期限は切れても数日は大丈夫、半額になるものもあるんだから、ここから買いなさいと。

子供たちの洋服や靴は中古で十分。着れなくなった服はリサイクルショップへと持っていくこと、ゴミ箱に捨てないように。散髪は自分たちでやってあげること。とにかく子供は成長が早いから、お金をかけるともったいない、と。

洗剤は1滴で泡立たせて使う、夫のお弁当は作る、アルミホイルは洗って使う、使い捨ての床拭きシートは使わずに雑巾を使う、揚げ物の処理はキッチンペーパーでなく新聞紙を使う、服が破れたら縫う。食洗器や乾燥機はもってのほか、電気と水道代の無駄。

というように、事細かく私の家事をチェックしては、注意をしてきます。確かに、こう言われたことをあげていくと、どれも素晴らしい節約術で、義母は決して間違ったことは言っていないのですが、それをすべて自然にこなせるかというと、私としてはかなり難しいのです。そして、怒られます。

義父はDIYが得意なので、家の修繕などやってくれるのは嬉しいのですが、とにかくなんでも作ってくれようとします、机とか椅子とか棚とかを、廃材で。それも素晴らしいことです、とても助かります。でも、ちょっと欲しい家具とかあっても、買うのを拒まれます。

とにかく全力で、できるだけ私がお金を使わないように、事細かくチェックしてくるのです。頻繁に会うわけではありませんが、例えば、私が目新しい服や靴を着ていると、「それ買ったの? いくら?」と言われてしまいます。

私は、夫よりも年上のくせに、お金に関して無頓着だと言われます。確かに、子供が産まれる前までは、自由に散財してきました。子供ができる前、収入に余裕があった頃にどうして貯金をしなかったのか、どうして家を買わなかったのか、将来のことを考えなかったのか、いい歳してあなたはお金の使い方が下手なのよ、とよく言われます。特に今使っているお金は、すべて息子が汗水垂らして一生懸命稼いできたお金なのよ、と。

義両親も悪気があって言ってるわけではないのはわかるのですが、たまにうんざりしてしまいます。最近では、早く働きに出なさいと毎回言われます。それは、私も思っています。

早めに職を探して、生活費に余裕ができるようにしないと、この義両親からのダメ出しは終わらないなと思います。

関連記事:「テレビを時計代わりにつけっぱなし」「LINEを使っていない」それ全部ムダです!/今ドキ節約術(1)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
PAGE TOP