うちはマンション暮らしだよ⁉ 田舎の実家と同じように「日用品の大量ストック」をしたがる夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:niconico
性別:女
年齢:43
プロフィール:やんちゃ盛りの小学生とストック癖のある主人と4人暮らし。毎日の片づけが大変です。

30.jpg

45歳会社員の夫と11歳、6歳の子どもがいる43歳パート勤めの主婦です。

夫のちょっと困った癖について話を聞いてもらいたいです。

どんな癖かというと、夫はとにかく日用品を買い溜めてしまうんです。

心配性なのか「ストックは3つないと落ち着かない」という夫。

トイレットペーパーや、ボックスティッシュはもちろん、シャンプーやリンス、洗濯洗剤など詰め替えタイプのものを3つ、4つとストックしています。

しかもストックしているのは、スーパーやドラッグストアで売っているサイズではありません。

一般的なサイズの3倍はあるような業務用なんです。

大きいだけにどこにしまうかにも困ります。

業務用なので、ケースで購入することがほとんど。

そのため、自宅にどーんと段ボールが置いてある状態です。

しかし、容器への詰め替えを含め、家事をやるのは主に私。

夫はストックを買ってきても玄関に置きっぱなし。

そこまでやるなら、収納までやって欲しいのですが、収納するのも私! 

買ってきたところまでで満足してしまっている様子です。

私の感覚だとストックは一つあれば十分。

よほどのことがない限り、入れ替えてすぐなら、洗剤などは1カ月は持ちます。

しかも我が家にあるのは、業務用! 

そんなに慌てて買わなくても問題ないですし、何個も何個も収納するのは重たくて困るんです。

主人に聞くところによると、「実家も十分なストックをする家だった」とのこと。

しかし、主人の実家と私達では環境が違います。

主人の実家は、畑や田んぼに囲まれた田舎の町。

買い物に行くのは車が必須。

毎日買い物というよりは、週に何度かまとめ買いが当たり前。

実家には物置もありますし、収納スペースも充実しています。

一方、我が家はマンション暮らし。

収納スペースは限られており、現在使っていない一部屋を物置代わりに使っています。

しかし、いずれ子どもたちにそれぞれ部屋を与えたいと思っているので、なるべく空っぽの状態にしておきたいのです。

主人は、その時になったら考えればいいと言いますが、今のままでは、将来、私たちが日用品のストックに囲まれた寝室で眠るのが目に見えています。

限られたスペースでストックの収納をやりくりしていますが、「空きスペースがあると買い足したくなってしまうのかな?」と思い、容器の移し替えは主人に頼むことにしました。

一カ月に使う量を把握してくれればいいのですが。

まあでも、主人のストック癖が良い方向に働いたこともあるんです。

新型コロナウイルスの影響で、トイレットペーパーが品薄になる現象が起きましたよね。

我が家にはストックがあるので、この騒動に巻き込まれることなく、ご近所さんにも、困ったときは言ってねと言える余裕も。

これに主人は「ストックしておいたおかげだ!」と自分のしていることは間違っていないと自信を持ってしまった様子。

ストックは大事だけど、ほどほどにお願いしたいです。

関連の体験記:「これは要らんやろ。贅沢や!」お金のない結婚生活...買い物カゴを夫がチェックする日々/かづ
関連の体験記:ドキドキの結婚挨拶。「5歳年下で未成年、美容師見習いの彼」に父が放った先制パンチ
関連の体験記:「この鉢植えもらえない?」なんでも欲しがるご近所さん。攻防戦の結果は意外にも...!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

旦那さんのクローゼットに収納しておけば?
旦那のベッドの上に積んでおけばいいよ。 こういう間抜けは自分が痛い目に遭わないと学習しない。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP