認知症の義母が車椅子を押して...⁉ ショートステイで義叔母を襲った悲劇。「2人一緒にショートステイ(7)」/バニラファッジ

夫婦で1泊2日の温泉旅行を企画したバニラファッジさん。

でもそのためにはまず、在宅介護している認知症のお義母さんと車椅子のおばさん(義叔母)を2人一緒に2泊3日のショートステイにお願いすることが必要でした。

ショートステイを嫌がる2人でしたが、ケアマネさんをはじめ介護スタッフのみなさんの協力を得て、まずは「お試しショートステイ1泊2日」に送り出すことを成功したのですが...。

いよいよ当日!果たしてお義母さんは「お迎えの車」に乗ってくれるの...⁉「2人一緒にショートステイ(6)」

無事、介護施設ふくふく苑に到着し、スタッフの案内で部屋までお義母さんがおばさんの車椅子を押して移動しました。

施設の長い長い廊下を歩くのに、お義母さんも車椅子があったほうが歩きやすかったのだと思います。

私も安心してその後ろ姿を見届け、ふくふく苑を後にしましたが、自宅では見慣れないその後ろ姿にちょっと嫌な予感もしていました。

59-1.png59-2.png59-3.png59-4.png59-5.png59-6.png59-7.png59-8.pngなんと、施設のスタッフさんが覗きにくるお昼近くまで、おばさんはこの状態で放置されていたとのことです。

家ではおばさんが嫌がるので、認知症のお義母さんに車椅子の移動は絶対に頼みませんでしたが、非日常とはこういうことなんでしょうか...。

スタッフさんの呼び出しブザーにも手が届かず、おばさんの午前中はこれで終わったそうです。

しかし、たった1泊のショートステイなので、そんな心配もかき消されるほどの速さで翌日になり、帰宅の連絡が入ります。

59-9.png59-10.pngどうやら就寝前にも少しトラブルがあったようです。

たった1泊ですが楽しいショートステイとはいかないまま、2人は帰宅することになりました。

(つづく)

笑いあり、涙あり・・・義母と義叔母のダブル介護!★バニラファッジさんの連載一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP