「私まで脳梗塞だったら我が家の収入が...」夜勤中に酷いめまいに襲われた52歳の私の「怒涛の一日」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫と二人の子供と暮らす、働くお母さんです。

17.jpg

私はもともと血圧が高く、2年ほど前から血圧の薬を飲んでいました。

50代に入ってから更年期太りも気になりだしたこともあり、食事内容には気を使い、油っこいものや甘いおやつを控えて、高たんぱく低カロリー&減塩食も心がけていました。

おかげで、会社の健康診断でも良い結果を出していたのですが、つい先日のこと、健康に大きな不安を感じる出来事がありました。

私は夜勤の仕事をしているので、いつも通り昼過ぎに寝て夕方に目を覚ましました。

睡眠時間は5時間ほどで、いつも通り。

寝起きは良い方なので、いつもならこのまますぐに起きてシャワーを浴び、夕飯を作り、血圧の薬を飲んでから仕事に出かけます。

しかしこの日は、目を覚ましたとたんに、布団の中で横になった状態でクラリと軽いめまいを感じたのです。

血圧の薬を飲む前は、トイレで座ったときなどに軽いめまいを感じる事はありましたが、横になった状態ではっきりめまいを感じるのは初めてのこと。

「変だな」「血圧が高いのかな?」と、少し不安な気持ちになりました。

しかし、すぐに治まったので大丈夫だと思い、そのまま起きていつもの日課をこなし、夜勤の仕事に出かけました。

ところが、仕事開始から1時間くらい経ったとき、突然天井がグルグル回っているかのような、酷いめまいに襲われました。

気持ち悪くて、もうとても立っていられなくて、その場にしゃがみこんでしまいました。

休憩室でしばらく様子をみてから早退したのですが、もしかして脳梗塞!? と真っ青に。

すぐに脳梗塞を疑ったわけは、9年前に夫が大きな脳梗塞を起こした経験があったからです。

夫は、大きな脳梗塞を起こす半年ほど前に、私と同じように酷いめまいに襲われたことがあります。

すぐに治まったのですが、それが実は『隠れ脳梗塞』と言われる軽度の脳梗塞だったことが、後から分かったという経緯がありました。

軽度の脳梗塞の場合、後遺症などが見られず、夫の時のように見過ごしてしまい、後にもっと症状が重い脳梗塞に繋がることもあるのだそうです。

「もしかして私も?」

「私まで脳梗塞だったら、収入源はどうしよう?」

「家族の生活は?」

ぐるぐると渦巻く不安を胸に家に帰宅。

何事かと驚く夫に、かくかくしかじかと事の経緯を説明しました。

夫の答えは「朝一で病院に行こう!」でした。

既にめまいは治まっており、体の不調は感じませんでしたが、夫の言葉通り、翌日すぐに夫の通院している脳外科病院に駆け込み、MRI検査をすることに。

MRI検査は筒状の機械に横たわって入り、かなりガンガンと大きな音がするのですが、その音も気にならないほど、30分ほどの検査の間、不安に押しつぶされそうでした。

幸い結果は、脳には全く異常なしとのことで、心底安心しました。

起床時のめまいから、検査結果が分かるまでドキドキ・ハラハラの怒涛の1日。

私も脳梗塞を疑う年齢になったのだと、しみじみと自分の老いを感じさせられた出来事です。

関連の体験記:「入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...
関連の体験記:「ワシらの老後は孫が面倒見るもんだろ!」義父が22歳の娘に「田舎での就職」を要求してきて...!?
関連の体験記:「次男に面倒みてもらう」って言いましたよね。長男の夫を捨てた義父母の身勝手なSOS

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

脳梗塞って年寄りがなる病気ではありませんよ。 いいお年で家族を養っていて疑っていた脳梗塞の問題がなかっただけで安心とは。他になにか目眩を起こす原因となる異常があるということですよね。目を背けないできちんと調べたほうがいいと思います。お大事に。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP