実は...賛否両論あるんです⁉「うさぎの散歩」にまつわるお話。/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

前回のエピソード:うさぎの飼い主歴20年の私が「保護ねこ3匹」と1年暮らして思ったこと。

001.jpg

私とふうたが暮らす鹿児島は5月末に梅雨入り。

ふうたが毎日楽しみにしていた散歩のシーズンは終了となってしまいました。

「まだまだ行き足りない!」といった感じですが、次の散歩は秋までお預け。

7年間、自宅の庭と隣にある広場を走り回っているふうたにとって、散歩は「元気の源」と言えるのですが、実はうさぎの飼い主の間では以前から賛否両論あるんです。

そこで今回は、この「うさぎの散歩」(通称うさんぽ)について、私の考えをお伝えしようと思います。

002.jpg

まず「うさんぽ」に対して賛否両論ある理由。

賛成派の意見としては、「運動不足やストレスの解消になる」というものが大多数を占める思います。

一方、反対派で最も多い意見は、「外は危険がいっぱい」ということ。

犬や猫、カラスなどの肉食動物はもちろん、ダニやノミといった害虫、車や自転車、食べたら害のある植物など...草食動物のうさぎにとって、外は脅威だらけと言っても過言ではありません。

では、なぜふうたは毎日のようにうさんぽへ行くのか。

その理由は、先代の愛兎こたろうの時に経験した「あること」がきっかけです。

私は以前、市街地のマンションに住んでいたのですが、ふうたとこたろうを公園へ連れて行ったのはたった1度きり。

その時、ノーリードで犬を散歩させている飼い主がいたので「2度とこの公園には連れて来ない」と決めました。

003.jpg

そして7年前に現在の家へ引っ越したのですが、当時10歳だったこたろうは、ケージから出してもほとんど動かない状態でした。

うさぎの平均寿命は10歳前後と言われているので、おじいちゃんだから仕方がない・・と心のどこかで決めつけていた私。

ポカポカ陽気と澄んだ空気

鳥のさえずりが聞こえていたある日、日向ぼっこでもしたら少し元気が出るのでは・・と考えた私は、庭にこたろうを出してあげました。

004.jpg

最初は、不思議そうに辺りを見渡していましたが突然すごい勢いで走り始めたのです。

こたろうが全力で走る姿を見たのは数年ぶりのことでした。

その時、私は確信しました。

外を散歩させてあげることで、こたろうのQOL(クオリティ・オブ・ライフ、生活の質)は飛躍的に向上すると。

005.jpg

それから、こたろうの体調がいい日は少しでも長く散歩へ連れて行くようになりました。

4年後、14歳で天寿を全うしましたが、「ご長寿うさぎ」になれた理由のひとつは頻繁に散歩へ行けたおかげだと信じています。

だから、こたろう亡き今もふうたとうさんぽを続けています。

後ろ足で立ち上がり、眩しそうに空を見つめる表情

夢中で土を掘り、ブンブンと前足を突き出して土を払う仕草

鼻をヒクヒク動かして美味しそうな野草を散策する姿

外でしか見れないイキイキした表情をこれまでいっぱい見てきました。

そして現在、ふうたは外へ行きたい時、私を玄関で待つようになりました。

そこまではっきり意思表示されたら、散歩させないわけにはいかない・・ですよね(笑)

006.jpg

最後に・・

私はうさぎと散歩をしていますが、他の方に推奨はいたしません。

ここまで書いてきたことと矛盾している・・と思われるでしょうが、100%安全な外の環境など、そう簡単には無いでしょうし、想定外のことが起こる可能性もゼロではありません。

ふうたやこたろうのように、すぐ馴染める子もいれば緊張して身動きが取れず、ストレスを溜める子やパニックになる子もいると思います。

名前を呼んだら来てくれる、すぐに抱っこできるなどある程度の信頼関係が出来ていないと、緊急時の対処に困る場面が出てくると思います。

何かトラブルが起きてからでは遅いので、飼い主は全責任を背負う覚悟が必要です。

「散歩に適した環境」

「愛兎との信頼関係」

「すべてを背負う覚悟」

うさんぽできる条件は、この3つが揃っていないと不可能だと私は考えています。

うさぎを飼われているすべての飼い主さまへ、今回の話が少しでも参考になれば幸いです。

ふうたの飼い主

※ふうたは幼い頃に独自のトレーニングをしたのでノーリードでの散歩が可能です。
私たちの環境だからこそできることですので絶対に真似しないでくださいね!

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・新ブログも絶好調!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

おやびんとふうたさんが並んでいる写真、とても愛らしいです。またうさんぽの意味、あり方。とても参考になりました。
飼い主さんのおっしゃる通りです。全ての条件が揃っていても、うさんぽができる日は気候により1年に数えるほど。その限られた日でさえ、その日の機嫌?体調?にもよるので うさんぽの良し悪しは一概には言いきれないと思います。生き物なので人と同じく、お外の好き嫌いやお部屋が一番落ち着くなど個体差もあるでしょう。どうしてあげるのが幸せなのか、じっくり向き合い、大切に見守るのが最善ですね。飼い主さんの意見は とても参考になり、また、改めて うさぎさんとの寄り添い方を考える機会になってます。
私もうさぎ飼ってます。勉強になりましたありがとうございます    
久しぶりに書きました。我が家で飼っていたピンキーは昨年病気にて天国へ旅立ちました。臆病者で外の空気は吸うことや眺めることは出来ましたが、うさんぽなど考えたこともありませんでしたし、家の中で飼っていたので外など考えたこともありませんでした。毎日ふうたさんを見ながら、今は後悔しています。外に連れて行ってあげたら良かったと、、病気になったのも運動不足だったのではないかと、、考えは人それぞれ違いますが…やっぱり経験させてみることも必要だったんだなと、、これからも応援しています
こたろうさん、初めてお目にかかりました。ふうたさんと仲良く並んで とても微笑ましい姿に、なぜか涙が。。。 私はにゃんことワンコだけしか暮らした事がないので うさんぽは無知ですが、読んでいて、とても大変だと思いました。近所の飼い猫をリードをつけて散歩しているおじちゃんもいますが、おとなしいにゃんこだからできる散歩なのだと思います。うちのにゃんこは外に出しません。以前は野良が長い大人猫だったので、出入り自由にしていたのですが、事故にあったり、毒?にあったり 悲しい思いをして来たので、今のにゃんこは完全家猫です。ワンコは11年、にゃんこ歴は30年です。にゃんこ以上にうささんは色々大変なのがわかりました。野生の兎とは 又違うと思いますので、 兎のブログもふうたさんが初めてです。新鮮な発見で、ふうたさんにはまってしまいました。勿論にゃんずも大好きですよ
初めまして、ふうたさんの魅力に引かれて大大ファンに成りました。もちろん、こたろさんも大好きです、お二人で並んで折られるお姿はまるで親子みたいです、こたろさんが、ふうたさんに色々この世の中の事を教育して時々は叱ったり時々はほめてあげたりお互い体をぶつけ合ったりもし僕が居なくなったりしたら。気持ちを強く持って頑張って俺より長く生きてほしと、皆がふうたさんの事を応援してるから頑張ってね、大好きよふうたさん❤こたろさん❤
我が家も去年小うさぎが住人になりました。今まで小学一年の娘が一人で不安の中お留守番をしてたのが小うさぎ(なっくん)が来て頑張れるようになりました。子供もふうた君が大好きでなっくんによく写真を見せてました。夜間ベランダを網戸越しに見たりして外に行きたそうにしてますが、現在自宅を自由に動き回ってます。最近はコードも柱も噛む事がなくなりトイレも所定の場所でしてくれるお利口さんうさぎになってます。リードを買いましたがそれはなかなか好きではないみたいで、今だにリードを見たらうさぎ小屋に戻ります。娘の目標はふうた君みたいに外の世界をみせてあげたいらしいです。
うさぎと暮らして30年になります。都内に住んでるので、うさんぽはできませんが、ふうた君のうさんぽ私も楽しみにして見てます
ひさびさにおやびんとふうたさんショット見られましたฅ⌯˃̵ ᴗ ˂̵⌯੭ु⁾⁾ うさんぽは楽しいうさぎさんとそうでないうさぎさんいますね、ふうたさんは大好きでなにより…♡
うさんぽの事故で最も防ぎにくいのは「猛禽類の襲来』ではないでしょうか?保護した子うさぎちゃんを外に逃してあげた直後に、上空から襲われさらわれてしまった動画をYouTubeで観たことがあります。あれは防げない……そして助からないです(T-T)
いつもブログ、インスタを楽しく拝見しています。こたろうさんのこんなにたくさんの姿を初めて見ました。かわいいですね。ふうちゃんと並んでいる写真はたまりません。よく犬はお散歩に行きたいとリードを持ってきたりすると聞きますが、ふうちゃんの意思表示はすごいね。うさんぽは憧れますが、実際問題を考えると私とうちのうさぎには難しいです。家の中でできることを少しでも見つけてあげたいと思います。
分かります‼️ロップルーコちゃん三才になって家中走り周り階段登りベランダでうんちオシッコ跳ね回り❗スッテンコロリ‼️だけど心配だね‼️年重ねるたび動きがだもんね、
グレーコンビの2ショット✨ やっぱり決まってますね うさんぽに関しての注意喚起は 毎回なさっていますね 他の飼い主さんやうさぎさんへの 愛情と受け取っていつも拝見 しています 確かにうさぎさんにとっては 危険や未知がいっぱいの大冒険 ですね
良き先輩後輩のおやびんとふうたさん。こんな二人の顔を見ると私の顔が緩んじゃいます。雨だと、うさんぽに行けず ふうたさんと飼い主さんの駆け引きが楽しいですよね。最近うさんぽ中のふうたさんが、時々おやびんに見える時があります。ふうたさん貫禄がついてきたのかな(^ ^)
ふうたさん
ノーリードの散歩、犬もウサギも一緒です、やめてください。齧歯類嫌いな方もいれば、アレルギー持ちもいます。ウサギは被害側にはなるけど加害側にはならないと思ってます?「うちの子は大丈夫。噛んだりしないから」ノーリードの犬飼と同じ匂いを感じます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP