お茶会に使ったカフェのオーナーに恋した「60歳の主婦友だち」。最初は微笑ましく見ていたけど...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:やまちゃん
性別:女
年齢:61
プロフィール:61歳になる主婦。最近、主婦友達とのお茶会が日課です。

pixta_29976471_S.jpg

私は今年61歳になります。

20歳の頃結婚し、子供にも恵まれました。

今では孫もいて、週末に遊びに来てくれます。

最近はその孫におもちゃやお菓子を買ってやるために、週2回くらいの簡単なパート仕事をして、他の日は近所の友人とお茶に行くのが日課です。

自分で言うのも何ですが、それなりに悠々自適な日々を送っています。

そんな私のお茶友達の中にAさん(60歳)という人がいます。

ある日、私たちが最近できたカフェでお茶会を開いた時のこと。

Aさんが、そのカフェのオーナーさん(40歳)に一目ぼれしてしまったようなのです。

そのお茶会中、Aさんは彼のことばかり話していました。

恋をするのはいくつになっても良いとはよく言いますが、それからというもの、Aさんは「若いころに戻ったみたい」と、ファンデーションだけだったのを口紅やアイシャドーをするなどしっかりお化粧するように。

白髪が見え隠れしていた髪もカラーに染めて、どんどん若々しくなっていきました。

仲間内でに「綺麗になったね」「やっぱり女は恋をすると変わるのね」と微笑ましく思っていたのですが、Aさんは私たちが思っていたより...ずっと本気だったようなのです。

駅前の当たると評判のタロット占いで、そのオーナーさんとの運勢を占ってもらったそうです。

するととても良い結果だったそうで、Aさんはとても喜び、毎日のようにカフェに通うようになりました。

「給仕のパートなど募集してないかしら? 私でよければ手伝いますよ」

頼まれてもいないのに何故かお店を手伝いしたことも。

「これ私が焼いたクッキーなの。味見して美味しかったらこちらで出させてくれません?」

手作りのクッキーを持参したこともあります。

「お仕事のあとはいつもどうなさるの? お食事にでも行きませんか?」

思い切って直接誘ったこともあるそうです。

これでもかというほど、20歳も年下のオーナーさんにアプローチし続けています。

最近では、手作りの刺繍の入ったエプロンをオーナーさんにプレゼント。

それを次に来店した時に使ってくれていなければ「気に入りませんでした?」と上目遣いで聞くAさんに、私たちも少し引き始めています。

オーナーさんもいい加減迷惑なのか、私たちが入店すると、陰でため息をつくような気配も見られます...。

お茶会はそのカフェですることが多くなっていて、Aさんが一緒だと、必然的にオーナーさんの話題に...。

さらに、Aさんは一通り自分の話を終え、いざ私たちの話になると、オーナーさんの方ばかりを見て、聞いているのかいないのかわかりません。

お茶会もずっとこのカフェになってしまっているので、みんなたまには違うカフェにも行きたいよね...とこぼしています。

Aさんを占った占い師さんに罪がないことは分かっています。

しかし、アプローチし続けるAさんにはうんざりですし、脈ありとAさんの恋心に火をつけた占い師さんに、文句を言ってやりたくて仕方がない私なのです。

関連の体験記:「あの名前、良くないんだよー」クラス全員の「姓名判断」をして得意気に批判するママ友...
関連の体験記:「もう昼間は何もないでしょ?」40代の友人よ、幼い娘を52歳の私に預けて...自分はバーゲンか~
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

オーナーと占い師が可哀想。 特にオーナー、営業妨害されてそろそろキレるんでは? 訴えられなきゃいいですねー。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP