将来なりたい職業は「ユーチューバー」か...。中2の次男の夢を応援すべきか葛藤する私

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:れもん
性別:女
年齢:45
プロフィール:2人の息子を持つシングルマザー。近年は、もっぱら家庭菜園、体調不良の話でもちきりです。

13.jpg

やんちゃだった私の長男(18歳)が無事内定を貰い、晴れて今年4月に入社式を終えることができました。

そして現在次男は14歳。来年は受験を控えています。

中学2年生にもなると、周囲では塾へ通っている子がグッと増えた気がしています。

学校から持ち帰ってくる保護者あての手紙も、進路についてのお知らせが多くなりました。

そしてついこの間、三者面談を行う上での事前アンケートの提出が求められました。

用紙に記入するには、次男との相談、本人の意思を確認しながら書き進める必要があります。

そこで、将来の夢から逆算して高校を決めるよう促すため、まずは本人の夢を久しぶりに聞くこととなりました。

これまでも将来就きたい職業について、何度か本人に聞いたことがありました。

しかしながら、毎回うやむやのまま、これといった答えが貰えない状態が続いていました。

今回は、いよいよ次男の意思をはっきりと確認しなければなりません。

そんなわけで、私はもう一度次男に

「将来どんな仕事に就きたいか、決まった?」

と、問いかけました。

すると次男から驚きの答えが返ってきました。
「...ユーチューバー...」
うつむきながら、小さな声でそう言ったのです。

なるほど...これが、彼の正直な夢(の職業)。

あまり高校選びには関係がなさそうです。

やりたいジャンルはゲーム実況系。

確かに次男は大のゲーム好きではありますが、私の見解では殆どの男子はゲーム好きかと。

彼の人生なので、真向から否定するつもりはありません。

そしてあることを思い出しました。

「ひと様に迷惑さえかけなければ、生きたいように生きて、何事にもチャレンジするといいよ。今のうちからなら何にでもなれるよ! 夢があるなら、なんでも応援するよ!」

私は数週間前、次男に対してこのように言っていたのです。

嘘をついたつもりはありませんが、すぐさま発言を撤回したくなりました。

本人の意思を尊重したいのは山々です。

とはいえ母親としては、彼の夢を100パーセント肯定的に応援できる自信がありません。

将来なりたい職業がユーチューバーとは、本当に時代の変化を感じます。

私は昭和の人間なので、考えや感覚が追い付いていないだけなのでしょうか。

確かに、コロナウイルスの影響を受けて、社会が大きく変わったことは否めません。

それでも私自身は、高校を卒業したら、進学するか、就職出来たらいいと思ってしまうのです。

もちろん、フリーランスで活躍している方々も多くおられるとは思います。

でも、まずは社会でもまれ、様々な事を経験してから個人で働く方が良いという考えです。

ましてやユーチューバーなら、いきなり本業にはせず、まずは副業で挑戦してみることも可能なはずですし...。

次男とはもう少し踏み込んだ話し合いが必要ですね。

本人の意思は尊重しつつ、何とか良い方向へ導きたいです。

関連の体験記:「大学出て一流企業で働く長男には言えんなぁ」田舎町の雑貨店、跡継ぎ話でカチンと来た次男坊の私
関連の体験記:その呼び方はないだろう...58歳の私を「パパさん」と呼ぶ24歳の息子。その原因を作ったのは...⁉
関連の体験記:なぜ、外に出た...? 雨の日にずぶ濡れで帰宅し、亡くなった認知症の母。思い当たる理由に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

今でもできますよね?やらせてみては。そんなに甘くないと理解できるでしょう。
かの有名なYouTuberも最初はスーパーの店員さんをやりながら動画撮影をしていました。 YouTuberって今は世の中に沢山居ますけど、これって職業ではないと思うんですよね…。 趣味でお金を稼げたらいいなっていう最たるものです。決して主軸にするべきものではない。今は収入を得るにもハードルが上がっていますし。 とはいえ、実況を動画にして上げるのはなにも社会人にならなくてもできますし、声だけで顔を出さずにすみます。 ただ、機材や編集技術はそれなりに調べないといけません。やりたいならすぐにやってみろと話してみては? 別の方も言ってますが、すぐに甘くはないと分かります。趣味としてやるならアリだと思います!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP