ら、ラッパ飲み⁉「お茶の飲み方」を注意された認知症の義母の「次なる飲み方」は...⁉/バニラファッジ

認知症のお義母さんと手足は不自由だけどしっかり者のおばさんの二人を在宅介護するバニラファッジさん。ある日、バニラファッジさんが用意したペットボトルでお茶を飲んでいたお義母さんとおばさんでしたが、認知症のお義母さんがペットボトルでお茶を飲むときにとった行動とは...?

前回の記事:「早く死にたいわ」と訴えるおばさん。でも介護する身としては...

お義母さんとおばさんは、よくお茶を飲んでいました。

いつも4リットルのほうじ茶を作って冷蔵庫に保存していましたが 大きなピッチャーでは重くて扱えないので、500mlサイズのペットボトルに小分けしていました。

そんなある日、お義母さんが...

61-1.png61-2.png

若者ならいざ知らず、お義母さんたちの世代でラッパ飲みなどお行儀が悪いどころの騒ぎではない。

そんな姉の姿を見たおばさんは、相当ショックだったようですが 認知症のお義母さんには、そんな記憶は残っていません。

「ラッパ飲みくらいいいじゃないか」と思う嫁は、それぞれにお茶ボトルを用意しました。

61-3.png61-4.png61-5.png61-6.png61-7.png61-8.png61-9.png

冷蔵庫に入れたことを瞬時に忘れてしまうのも、認知症あるある。

しかし、その後...

61-10.png61-11.png61-12.png61-13.png61-14.png

ペットボトルのふたでお茶を飲み始めました。

コップの存在を忘れてしまったのか、洗い物が増えないよう嫁に気を遣っているのかはたまた、お行儀の悪いことへの憧れがあったのか(笑)

この時は、コップにお茶を注いで出してあげれば、お義母さんんはなんの問題もなく飲めます。

これはできる、これはできない、と見分けるのが難しいのも認知症の在宅介護です。

いずれにしろ、そばにいて何に困っているかを察知し、早めにフォローしてあげると認知症の人の不穏な行動は少なくなると思います。

ただそれも24時間は、とても難しいことなのでやはり基本は「不穏な行動を叱らない」ということを心がけていました。

笑いあり、涙あり・・・義母と義叔母のダブル介護!★バニラファッジさんの連載一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP