すべては温泉旅行のためだけど...義母へのウソで「弱る義叔母」への葛藤...「2人一緒にショートステイ(2)」/バニラファッジ

誰にでも毒舌で、すぐに色々なことを忘れてしまう認知症のお義母さんと、手足は不自由だけれど、しっかり者のおばさん(義叔母)。2人を在宅介護するバニラファッジさん、「たまには温泉に行きたい」と思い、お義母さんとおばさんに「ショートステイ」をしてもらうことに。理解してくれるおばさんにだけ話をして、お願いしたら大騒動になるお義母さんにはウソをついていたのですが...。

おばさんにショートステイの予定を伝えてからというもの、おばさんの頭はショートステイでいっぱいになってしまいました。

54-1.png54-2.png54-3.png54-4.png54-5.png54-6.png54-7.png54-8.png54-9.pngちょろい。

私は目的達成のためなら平気でお義母さんにも嘘をつきました。

しかしおばさんにとってお義母さんは「いつも一緒にいて何もかも共有してきた」姉です。 今回のショートステイのことは内緒だと私に口止めされ、それはそれは辛そうでした。

そして、実際にショートステイする日が近くにつれ、おばさんはどんどん元気がなくなっていきました。

いっそ、おばさんにも内緒にしておいた方がよかったかもと思いました。

その後も私と顔を合わせるたびに、ショートステイの不安を何度も何度もぶつけてきました。

54-10.png54-11.png54-12.png54-13.png目に涙をためるおばさんと対峙するたびに、何度も謝りそうになりました。

けれど、謝りませんでした。

謝ったらもう2度とショートステイサービスを利用できなくなると感じたからです。

私は温泉に行きたかったのです。

次の記事:訪問介護の皆さん一丸となった〇〇で...おばさんがご機嫌に⁉「2人一緒にショートステイ(3)」はこちら

笑いあり、涙あり・・・義母と義叔母のダブル介護!★バニラファッジさんの連載一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメント一覧

おばさんに悪気は無いのはわかるけど、超面倒臭い人ですね。 普通の人ならぶち切れてる。 ファッジさんは介護の中で感情的にぶち切れて泣きわめいたことってないのかな。 ガチ喧嘩したり。 普通はあるもんなんだけどな。
ファッジさんは大変だった出来事をブログに書かれたり、ご家族に気持ちを伝えたりして、大噴火でなく、しゅぽしゅぽしゅぽと蒸気を出すがごとく日常をこなしていらっしゃった。それがなんとも素晴らしくて、私は大ファンです。ブログを読まれている方、それぞれの捉え方があるでしょうけど、ファッジさんを応援したり共感したりで、大ファンの方が多いんでしょうね。
4年前の、実母とお姑さんを同居介護していた時のことを思い出します。認知症のお姑さんはディサービスが好きで、喜んで行ってくれましたが、母は認知症ではなく、何かにかこつけてはすぐにサボりたがる。2人を追い出す事が、その頃の私の最大の喜びだったので、私は必死に行かせていました。母は細かい事にうるさくて(実の親子だからか)口げんかが絶えませんでした。母は昨年亡くなりましたが、それだけ必死に過ごした日々のお陰で、悔いなど残らず、ほっとした気持ちが大きかったです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP