「一緒のお墓に入ろうね~♪」2歳の長男に語り掛ける義両親の姿にゾッとします...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あずさ
性別:女
年齢:35
プロフィール:主人と子供、主人の両親と同居中です。ママ友とダイエット部を発足して、みんなで楽しくダイエットを始めました。

3.jpg

年上の主人との結婚を機に義両親と同居を始めました。

義両親は東北生まれで昔ながらの人といいますか......。

ことあるごとに「孫の顔を見せてね」と言われプレッシャーでした。

ありがたいことにすぐに妊娠したのですが、今度は「男の子だよね?」と何度も言われました。

一人目と二人目の性別が女の子だと報告したときは明らかにガッカリされました。

そして三人目、義両親待望の男の子を出産しました。

義両親の喜びようは凄まじく、近所にも「やっと男の子が生まれた」と自慢して歩いたそうです。

喜んでくれたのはありがたいのですが、「跡取りができた」だの「この子は墓守だ」と毎日のようにいう義両親。

主人と私の意見も聞かず、ましてやまだ何もわからない息子に対して「この家を継ぐんだよ」「あんたは墓守だ」と事あるごとに話しかける姿に、モヤモヤしています。

主人も私もまだ実感がわかないというのもありますが、息子の将来に対して何か言うつもりはありません。

家(苗字)を継いで欲しいという気持ちもないので、義両親の決めつけているような言い方がイヤやなのです。

しかも「墓守」なんて言っていますが、うちにはまだお墓がありません。

場所は購入済みですが、まだ建ててもいないお墓の話をして、息子に「一緒のお墓に入ろうね」なんて言っているのにはゾッとしました。

主人の家は特に受け継ぐような仕事をしているわけでも、苗字を残さなくてはいけないような家系でもありません。

家系が絶たれることは、昔の人からすると嫌なんでしょうか。

親戚やご近所さんが来て、子供たちを紹介する時にも息子を「うちの跡継ぎ」と言います。

最近では上の娘たちには「どうせあんたたちは外に出る子たちだから」と息子と態度を変えるのも納得がいきません。

娘たちも弟だけを可愛がっていることに気づいて、義両親とわざわざ遊ぶということもなくなってきてしまっています。

さすがに娘たちがかわいそうだと思い、主人と一緒に「同じ孫なのに贔屓するようなことはやめて欲しい」と言いました。

すると、本人たちはそんなつもりはなかった、男の子が生まれて浮かれてしまったとのこと。

それからは意識して娘たちには優しくしているように感じています。

幸い娘たちの気持ちは落ち着いたようですが、やはりまだ義両親の跡継ぎフィーバーは止まりません。

相変わらず「お墓をよろしくね」など、まだ何もわかっていない2歳の息子に言い聞かせています。

本当にうんざりです。

ですが、実はまだ義両親に言っていないことがあります。

主人は自然が大好きなので樹木葬を、私は海が好きなので海に散骨を希望しているのです。

私達は義両親と同じお墓に入るつもりはありません。

関連の体験記:「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?
関連の体験記:「あいつの履歴書みたか!なんやあれ!」夫の転職活動中、突然の電話。その声の主は.../かづ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ご主人が投稿者さんの味方で良かった! 娘さんたちの気持ちも落ち着いたとのこと 投稿者さんはモヤモヤしようが何しようが、そういう家に嫁いでしまったんだから聞き流すしかないです。 腹の中で笑ってればいいんです、一緒の墓には入らないよーって。 どうせ義両親は先に逝くんだし、ほっときましょ! ただ心配なのは、2歳からそんなこと吹き込まれて、子供の素直な心が長男教に染まること。 ことあるごとに投稿者さんご夫婦から、息子さんにはじじばばの言うことは聞き流すように あなたはあなたの道を選んで進みなさいとしつけた方がいいです。 田舎の嫁大変ですよね、図太くなってがんばって下さい!
産まれてまだ2年しか経ってない子供に一緒のお墓に入ろだとか‥恐ろしいやら気持ち悪いやら‥ 変な事吹き込まれないようにジジババとの距離をおき、お亡くなりになった際は可愛い跡継ぎの為に遺すもんはしっかり頂きましょう。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP