え? ルーズソックスが欲しいの⁉ オシャレに目覚めた10歳の娘が甦らせてくれた「25年前の高校時代」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:43
プロフィール:ファッションに興味深々な娘とお出かけするのが何よりもの楽しみな主婦です。

33.jpg

2人の子供(姉弟)、夫と4人で暮らす主婦です。

洋服やおしゃれに興味津々の10歳の娘をみて、懐かしい記憶が蘇った話をさせてください。

先日、ショートパンツや、ミニスカートに合う靴下を見つけたら買ってほしい! と一緒に買い物へ行きました。

なんと、娘が欲しかった靴下とは、懐かしのルーズソックス!

43歳になった私は、思わず約25年前の高校時代を思い出してしました。

1990年代は華やかなバブル時代。

ルーズソックスが生れたのはこの頃だったと思います。

レッグウォーマーのようなクシュクシュの靴下は衝撃的!

大きめのベストに短いスカート、ボリュームのあるルーズソックスは、まさに女子高生の「制服」でした。

そんな「THE高校生ファッション」を楽しんでいた私。

その一方で、当時の私は、大人の女性に憧れをもっていました。

原色カラーの派手なボディコンスーツ、フワフワの扇子、ピンヒール...。

車で送迎をしてくれる「アッシー君」食事を奢ってくれる「メッシー君」なんていうワードにも興味津々で、憧れていました。

ボディコンを着て、フワフワの扇子を持って、ピンヒールで夜遅くまで思いっきり遊んでみたい! と思っていた私。

蝶よ花よともてはやされ、お姫様のような時間を過ごせるんだろうなと...。

しかし、バブルがはじけて、ギラギラした世の中は一変! 大手企業の倒産、夜な夜な華やかだったディスコも次々と幕を下ろしました。

私の憧れの場所がなくなり、暗い世の中で青春時代を過ごすことになってしまいました。

それからは「不況」という言葉を聞かなかった日はなかったですし、学生ながらに日本の経済状況がよくないことも肌で感じていました。

高校を卒業して、就職を考えていた友人達も、なかなか仕事がみつからないということもありました。

それでも、そんな暗い時代でもルーズソックスや細眉など、一生懸命に青春時代を楽しもうとしたあの頃。

そんな思い出がいっぱいの平成初期のファッションやカルチャーはとても思い出深いです。

最近は、バブリーダンスなんていうのも流行して、若い子達も親しみを感じている様子。

私の青春時代のファッションが娘から「レトロ」といわれるのは複雑ではありますが、当時の話もしながら、母、娘でファッショントークを楽しんでいけたらなと思います。

娘曰く、長すぎるルーズソックスはダサいそうなので、平成レトロを令和風にどうアレンジしてくれるのか楽しみです。

関連の体験記:家計を握り、私を一切関与させない48歳夫。ある日「残高不足」を知らせるハガキが届いて...
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP