コロナ禍の中、一人旅立った94歳の祖父。最期に握りしてめていた写真に涙が止まらない...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:40
プロフィール:2児のママです。先日94歳祖父がこの世を去りました。改めて命の尊さを実感しています。毎日を大切に過ごしたい。

pixta_70894478_S.jpg

2020年4月下旬に聞かされた、94歳祖父の余命宣告から1カ月が経過した5月の話です。

コロナウイルスの影響で面会は許されず、祖父の顔を見ることさえできません。

会えない中で、祖父に何をしてあげられるか考えました。

そこで思い付いたのは、祖父との思い出の写真を見せることでした。

わが家から車を1時間走らせ、祖父の家へ。

昔の写真を保管している重たい段ボール箱を取り出しました。

軽く30年以上は経過しているでしょうか。

ほこりまみれになった段ボール箱を開けると...懐かしいアルバムが何冊も入っています。

当時60代の祖父が満面の笑みを浮かべながら、赤ちゃんだった私を抱っこしている写真、小学生だった私や弟を連れて、プールへ行った時の写真。

想像以上にたくさん写真があり、つい見入ってしまいました。

夏休みになると、祖父の家に帰りたくさん遊びに連れて行ってくれたな...。

写真を見るたび、数々の思い出がよみがえってきます。

気付けば涙が私の頬を伝って流れ落ちていました。

元気で人情深い祖父ともう会えなくなるなんて、本当に信じられません。

限りある命だからこそ、毎日を大切に過ごしていかなければならない。

そう改めて感じつつ、祖父に見せる写真を集めていきました。

無事に写真が集まり、わが家へ帰宅。

さっそくスキャナで写真を取り込みました。

「プールに遊びに行ったね、竹馬の乗り方を教えてくれてありがとう」

など写真にコメントを付けたオリジナルアルバムを作りました。

印刷してスタンド付きのコルクボードに貼り付けて完成です。

ベッドで横になりながら、いつでも写真が見られるよう工夫をしてみたのです。

きっと祖父も喜んでくれるはず。

期待を胸に祖父が入院する病院へ行き、看護婦さんに預けました。

数日後に看護婦さんから「毎日写真を見てニッコリ笑っているよ」と聞き、とてもうれしかったです。

これくらいのことしか、祖父のためにしてあげられないけど、喜んでくれたならよかったです。

それから時は経ち、6月下旬にさしかかった雨の日、祖父は安らかに天国へと旅立っていきました。

余命1カ月と宣告され、2カ月近くがんばったのは祖父らしいところです。

入院中に会えなかったのは心残りですが、きっとどこかで私のことも見てくれているはず...そう思うしかありません。

お通夜で久しぶりに会う祖父の顔色はよく、本当に亡くなったとは思えませんでした。

受け入れるまでしばらく時間がかかりそうです。

そして65歳の母が私にこんなことを言ってきました。

「最期にね、じいちゃんが手に握りしめていたものがあったのよ。これ...」

母が差し出した手には、一枚の写真がありました。

見ると私と弟、祖父と撮った写真でした。

夏休みにプールへ行った時の一枚です。

その瞬間に祖父の愛を感じ、涙が止まらなくなりました。

この写真をギュッと握りしめていたと思うと、涙が止まりません。

おじいちゃん、ずっと大好きだよ。

これからもずっと...見守っていてね。

関連の体験記:「抱っこさせてくれるの?」名家に嫁ぎ、劣等感にまみれた私の前で、初孫を抱いて涙ぐんだ義母
関連の体験記:「お嫁さんがかわいそうよ」頑なに同居を拒む母に、兄夫婦が思いついた「ほっこりする暮らし」
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP