勢いだったけど...見ず知らずの人と「酒盛り」。15年前サイパン旅行の思い出にしみじみ

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:みけ
性別:女
年齢:51
プロフィール:両親と同じ敷地内に住んでいる51歳自営業の女性。

46.jpg

実家で夕飯を食べながら、母と海外旅行の話をしていて思い出した話です。

15年ほど前に一人旅でサイパンに行きました。

海に入りたい訳でもなく、観光したいスポットがあるでもないのにサイパンを選んだ理由はとても簡単。

短時間で行ける海外で、昼間からお酒を飲んでのんびりしたいから。

嫌な思いをしたアルバイトでの臨時収入をパーッと使ってやろうという魂胆でした。

海外旅行は何度か行っていたので、日本人観光客が多い国だし、片言の英語でもなんとかなるさ! と意気揚々と飛び立ちました。

到着翌日の午後、早速、ホテルのプールのバーでお酒を飲んでいた時の事です。

現地の男性から「散歩に行こう」と誘われ、深く考えずにOKしてしまいました。

プールの直ぐ前はビーチになっており、お互いの仕事の話などをしながらブラブラ歩き始めました。

しばらくすると男性が「しょっぱいマンゴー食べさせてあげる」と言います。

なんでも、友人たちと住んでいる家の庭にマンゴーの木があって、日本で食べ慣れているマンゴーと違ってしょっぱいのだそうです。

本当かな? と思いながら家まで行くと、広い庭にはちゃんとマンゴーの木が。

そして、ミドリの皮のマンゴーは本当にしょっぱい。

ビックリしながらモグモグ食べている私を見て、彼の家に居た友人たちも喜んでくれ「お酒を飲もう!」となりました。

家の中からお酒やお菓子の他にもソーセージを焼いて出してくれ、庭のテーブルに並べてみんなで乾杯です。

ワイワイと飲みながら会話もしなくちゃと、片言の英語で色々と話しかけました。

しかし、返ってくるのはほとんど日本語。

気を使ってくれているのかと思いましたが、実は日本語が話せると良い職に就けるので勉強しているのだとの事です。

それではと甘えて日本語多めで話させてもらい、とても楽しく過ごしました。

陽が傾くころには名残惜しくて、サヨナラを言い出しにくかったです。

それでも、ホテルで夕食の予約もあったので重い腰をあげるのですが、みんな「楽しかった」「会えて良かった」と言ってくれ、門を出るまでにまたひと盛り上がり。

門を出た時には、薄暗くなっていました。

1人で海外に行ってもつまらないでしょうと母に言われて出掛けた旅でしたが、とんでもありません。

「見ず知らずの人とお酒を飲む。ソーシャルディスタンスなんてないし、コロナなんて気にしていない時代だったな」

今になってしみじみと思い出してしまう、大成功だった一人旅の思い出です。

関連の体験記:え、旅行中じゃないの...⁉「お母さんが大変だ。車で迎えに来てほしい」寡黙な父からの驚きのオファー
関連の体験記:私が還暦を迎える正月にも帰省しない娘と息子。「寂しい年越し」の後に訪れたのは...⁉
関連の体験記:「弟さんのお嫁さんに比べて私は...」家族8人で作ったLINEグループ。母が一方の嫁を褒めちぎり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

たまたま何もなかったけど危機感なさすぎ。
二つ返事で簡単についていくから日本の女性は海外で軽く見られているのでしょうね この件は親切な人たちで何もなかったからよかったけど、海外の見ず知らずの人に簡単について行くのはやめる方がいい もしかすると今この世にいなかったかもしれませんよ 大袈裟な話ではないですよ
日本だって知らない人にはついていかない。子供だって知ってる。 そんな思い出ひとに話さないほうがいいですよ。軽蔑されます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP