教員採用試験に3度失敗した長女を元気づけたのは...「姉を心配した弟」のビデオ作品でした

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:58
プロフィール:地方公務員です。この春、中学校で働き始めた娘(25歳)は4度目の挑戦で教員採用試験を突破しました。

15.jpg

2年前、娘(現在25歳)は3度目の教員採用試験に失敗しました。

大学を出てから非常勤講師として経験を積みながらの挑戦は、はたから見ていても大変そうでした。

「やっぱり無理なのかなあ...」そう呟きながら考え込んでいる時間が長くなっていました。

その頃、映像系の大学の4年生だった息子(現在23歳)が突然帰省してきました。

「どうした? 冬休みには早いな」

「いや、ドキュメンタリー制作の課題があってさ...姉ちゃん、久しぶり!」

「...なに、あんた、どうしたの? いいわねえ、学生は気楽でさ...」

「お言葉ですが、これも学習でしてね」

おどけて見せる息子でしたが、娘はつれない素振りでした。

「...やっぱ結構落ち込んでるねえ」

息子も採用試験の結果は知っているので、しょうがないなという素振りです。

「まあ3度目だからな...で、わざわざ帰省しての取材って、どんなテーマなんだ?」

「まあ、今の自分を形作ったものは何か、ってとこ。さっそく取材していい?」

そう言って生まれた頃や、子どもの頃の話などを私や妻(現在56歳)にインタビューしていきました。

「じゃあどうも。他にも取材の約束があるんで...」

息子は翌朝、そう言って早々に引き上げていきました。

「全く余韻も何もあったもんじゃないね」

弟を見送りながらボソッとそう言うと、娘は相変わらず覇気のない様子で仕事に出ていきました。

しばらくしてDVDが送られてきました。

『私を形作った者たち』というタイトルの作品には「姉ちゃんにも見せてね」とメモされていました。

「...なんで私も見るの?」

「まあせっかく弟が送ってきたんだから一緒に見ようよ」

気乗りしない様子の娘も一緒に、家族3人で鑑賞会をしました。

最初は私たちのインタビューですが、自分たちの話は当たり前ですが新鮮ではありません。

「...あんまり面白くないね」

「まあドキュメンタリーなんてこんなもんだろ?」

「知っている話ばかり聞かされてもさあ...」

なんとも冴えない表情の娘に、息子の真意を図れずにいましたが、画面が切り替わると娘が急に身を乗り出しました。

「あっ...」

そこには娘もお世話になった小学校の先生が登場していました。

「あなたは根気はなかったねえ、お姉ちゃんと違って」

そう言って笑う先生が映る画面を見つめながら「根気、かあ...」とつぶやく娘。

場面が変わると、また見覚えのある顔が映りました。

「あれ? ○○先生!」

そこに映っているのは息子もお世話になり、娘が英語教師を目指すきっかけとなった中学校の恩師の姿でした。

「お前の英語は...ひどかったな」

そう弟に言うのを聞いてクスッと娘が笑いました。

「先生、変わんないなあ......」

先生へのインタビューは続きます。

「先生はよく歌を聞かせてくれましたよね」

「その話か? 恥ずかしいな」

「いやあ、美声に聞きほれました。とは言ってもほとんど洋楽ばっかりで、俺の発音を聞けって、ね」

「生きた英語ってやつだよ」

「日本の歌は、歌わないんですか?」

「いや、ドリカムとか好きだよ。『何度でも』がいいね」

「なぜですか?」

「お前なんか特に分かるんじゃないか? うまくいかないことってあるもんだろ?」

「そうですね。中学校の英語なんかは特に」

「まったく...まあそんな時に、次こそはって信じることが大事だ。歌でもあるだろう? 1万回ダメでも1万1回目がきっとあるんだよ」

恩師の話にじっと耳を傾ける娘は、少し吹っ切れた表情をしていました。

見終わってから息子に電話してみると「少しは役に立ったかな? 姉ちゃん落ち込んでると思ったからさ。いいテーマだったろ?」と少し恥ずかしそうに言うのでした。

関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...
関連の体験記:ああ、見てしまった...私が介護する86歳の義母が、介護を手伝ってくれない義姉に「こっそりお金を渡す姿」
関連の体験記:え、旅行中じゃないの...⁉「お母さんが大変だ。車で迎えに来てほしい」寡黙な父からの驚きのオファー

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP