燕下障害から3カ月。うさぎに発覚した難病、根尖膿瘍(こんせんのうよう)とは(中編)/ふうたの飼い主

みなさんこんにちは。

日々うさぎの魅力を発信している「うさぎのふうた」の飼い主です。

【前の記事】10歳目前...大きな病気の予兆だった? 相棒うさぎの「嚥下障害」闘病生活(前編)/ふうたの飼い主

2021年8月10日

ふうたさんおはよう!

いつものように朝の挨拶をしたところ

001.jpg

口をパクパクして返事をしてくれたのですが何やら違和感を覚え、口もとを確認。

すると...

002.jpg

口の中から溢れそうなほど大量の唾液が!?

見た瞬間、かなり動揺しましたが、落ち着いて仕事のスケジュールを調整し

003.jpg

急いで病院へ!

私は、歯のトラブルを疑っていたのですが、かかりつけの獣医師に口の中を診ていただいたところ、「歯は伸びていないし、異常は見られないですね」という診断。

そんなはずは!?

...と思い、

「では、今朝見た大量の唾液は?」

あらためて聞こうとしたその時、タオルに巻かれたふうたを抱っこしていた動物看護師の方が、

「指に小さなしこりのようなものが当たっているのですが...」

「!?」

先生がその場所を確認したところ、

「これは...厄介な病気が見つかったね」

004.jpg

「ここに触れてみてください」

先生に言われた箇所を触ってみたところ、下顎の左側にプクッと膨れた直径5mmほどのしこりを確認。

これは、ほぼ間違いなく「根尖膿瘍(こんせんのうよう)」であると先生に告げられました。

まずはしこりを切開して膿を出し、中の組織を洗って洗浄。

膿は少ししか溜まっていませんでしたが、下顎の骨が変形しているとのこと。

膿が骨を変形させる?

この時は何を言われているのか理解できなかったので、家に帰って調べてみたところ、うさぎの頭蓋骨は頭の重さを軽減するため、スポンジのような構造になっているとのこと。

なので、歯の隙間から細菌が侵入し、根尖(歯の根っこの先端部分)に膿(うみ)の袋が形成される根尖膿瘍にかかると、膿はスポンジ形状の頭蓋骨へ簡単に浸透。

骨の中に溜まった膿により頭蓋骨は変形し、根治は非常に難しくなると書かれているのを読み、ようやく先生のおっしゃっていたことが理解できました。

思えば、5月初旬に発症した燕下障害は間違いなくこの初期症状。

その時は患部に触れても分からない状態ではあったものの、すぐに気づいてあげられなかったこと。

そして病気が発症し、すでに3カ月以上経っていることに、私はものすごいショックを受けました。

とはいえ、1番大変な思いをしているのはふうた本人。

飼い主である私が落ち込んでいる場合ではないと思い、ちゃんとした病名が分かって良かった。

看護師の方が気づいてくれて良かったと、考えを改めることにしました。

そしてこの日から、根尖膿瘍とのたたかいが始まります。

005.jpg

この時はまだ、普通に食事をとれていましたが、あっという間に自力で食べられなくなる日がくるとは夢にも思っていませんでした。

続きは後編にて。

ふうたの飼い主

最初から読む:犬?猫?いやいや!ペットを飼うなら「うさぎ」はいかが?/ふうたの飼い主

【まとめ読み】『ふうたの飼い主』記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ふうたの飼い主

ブログにてうさぎのふうたの日常をお届けしています。日本一の癒し系ペットブログを目指し毎日楽しく更新中です。うさぎとは思えないふうたの豊かな表情で癒されてくださいね。※うさぎと暮らす一例として見ていただけたら幸いです。

・ブログ新設!うさぎ+ネコのかわいい姿が毎日更新!!

「うさぎのふうた ~うさぎとネコと飼い主の日常~」

コメント一覧

何事も早期発見が肝要ですね。私の予感とほぼ合致していました。完治を願っております。
ネザー9才、♀のからしもふうたくんと同じ病状です。左頬から膿が出ており、定期的に歯を削ってもらっています。下顎の変形もありますが、病気発覚から4年、元気に過ごせています。
私も今までに3羽のうさぎたちと暮らしましたが、この病気やうさぎの頭蓋骨の構造は知りませんでした。この記事を読んで衝撃をうけました。ふうちゃんは普段から飼い主さんが健康面も気をつけて、とても元気だったので、なおさらですよね。ブログやインスタは後回しで構いませんので、ふうにゃんずやご自身のことを優先して下さいね。
毎日、忙しい中、ブログの更新していていただき、有難うございます。 ふうたくんと たびくんが気になり、また、つむよも姉弟の可愛い仕草に、癒されています。 毎日、見守ることしかできなくて、歯痒い思いで、いっぱいですが、ふうたくん、また秋にはコスモス畑やススキがいっぱい咲いているところに遊びに行けるまで元気になってね。 また、飼い主さんも無理をしないで、少し休んで、寝られる時は寝てくださいね。
この病気について、獣医の先生の記事を読んだ事があります。 完治はなかなか難しいが、上手くつき合っていく事は出来るというものでした。 うさぎさんの、もぐもぐ食べる姿がかわいいものですが、それが難しくなったらちょっとふうたさんん残念ですよね。でも乗り越えられる!みんなが応援してるから!
ごめんなさい。ここからコメントをする方法しか、わからなくて、お許しください。ふうたくんの検査結果をドキドキしながら待っていましたが、まさかの結果に、飼い主さん、どれだけツラいだろうと一晩中泣いてしまいました。ふうたくん素敵な飼い主さんに会えて幸せだね。 コメントを書きながら、また涙が後から後から出てきて、どうしよう。 飼い主さんが一番ツラい中、気丈に報告していただき、ありがとうございます。最後の最後まで見守らせてください。 ふうたくん、いっぱい飼い主さんに甘えて、いっぱいお外で遊んでね。 でも、ふうたくんに奇跡が起きて元気になりますように。神様よろしくお願いします。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP