うちは狭いマンションだし...75歳で仕事を辞め「寂しい」と漏らす「一人暮らしの義母」問題

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:1日10000歩
性別:女
年齢:52
プロフィール:1日10000歩歩くのを目標にがんばっています!

10.jpg

義母は75歳です。

10年ほど前に義父が亡くなり、以来我が家から車で1時間ほど離れたところでひとり暮らしています。

夫はひとりっ子なので、義父の死の直後、義母の暮らし方について案じていましたが、気丈な義母は、夫に特に何かを求めることもなく月日が経ちました。

当時はもちろんのこと、75歳になるまで現役でバリバリ働いていた義母です。

義父が亡くなったからと言って、仕事を辞めてまで私たちと一緒に住むことは頭になかったようなのです。

75歳になり、体力の衰えを感じ始めた義母はついに仕事を辞めることを決意しました。

「時間に縛られなくて清々している。いつ起きていつ寝てもいい生活は気楽ね」

初めの数日はそんな風に電話で言っていました。

ところが、それからひと月も経たないうちに「寂しい」と漏らすようになってきたのです。

「何もすることがない」

「何もする気になれない」

「これからどうやって生きていったらいいのか」

無気力なマイナスワードがポツポツと出てきます。

「今日、昔のお友達と数十年ぶりに会って来た」

「新しい靴を買った」

そうかと思えば嬉しそうに言ってくることがあります。

私たち家族が泊まりに行って「久しぶりに大勢で食べてご飯が美味しい」と喜んでくれたりもするのですが、その反動で帰った後は余計寂しくなるようです。

私や夫が仕事の週末、息子だけでも行かせたりもするのですが、それもいる間は嬉しいけれど、帰った後もっと寂しくなるから来なくていい、と言います。

けれど行かないとやはり「寂しい」と電話をしてくるのです。

以前犬を飼っていたのですが、高齢で亡くなってから数年が経ちます。

また飼ってみたら? と勧めたこともあります。

「自分が後何年生きられるのかもわからないのに子犬を飼うのは怖い」

その気持ちはなんとなく分かります。

それならばもう少し年を取った保護犬はどうかと言うと、「犬が死んだ時のことを考えると余計寂しくなる」と取り合いません。

夫は義母をうちの家に呼び寄せることも考えていますが、狭いマンションです。

田舎の一戸建てで長年暮らしてきた義母が、マンション暮らしに耐えられるのか疑問です。

何より、自分勝手なのは十分承知しているのですが、息子ももうすぐ大学生になり、ようやく子育てがひと段落したばかりの今、義母との暮らしは私自身も実感がわかないのです。

介護が必要になったのならともかく、まだまだ元気な義母と毎日同じ家で顔を合わせることは、お互いストレスでしかないのでは、と思います。

現在義母の住む家に私たちが移り住むことも、通勤を考えると現実的ではなく、どうすればいいのか途方にくれています。

今しばらくは、義母の気が紛れるように遊びに行ったり、電話をかけたりすることくらいしかすべがありません。

あまりにも悩ましい問題に、同じような問題を抱える友人と話をしては、ため息しか出ない今日この頃なのです。

関連の体験記:離婚した私の息子の面倒を見てくれた母。息子が社会人となり、母にぽっかり穴が空いて...
関連の体験記:お義母さん...これ「わざと」では!? 玄関で毎日続く義母の「小さな意地悪」
関連の体験記:義母が記念日のたびにくれるプレゼント。ありがたいけど、いつも絶妙に「不要」なもので...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

同じ世代の主婦です。を所詮他人です。無理だと思います。私も以前義父が亡くなり1か月義母と同居しましたが、自宅に帰ったら熱が出てしまい改めて無理だと思いました。義父が亡くなり30年近くなりますが、80歳になっても変わりません。寂しいばかりで、友達を作ろうともせず、子供に依存ばかりしています。どうぞご自分の家庭を第一に考えて、50代を楽しく過ごして行きましょう。
介護が必要でない元気な高齢者が通う、体操教室のようなものがあると思います。友達作り、居場所作りに良いと思います。市役所や地域包括支援センターで相談してみることをお勧めします。 「介護」じゃなくて「介護予防」のためだよ、と言えば、抵抗なく受け入れてくれるのではないでしょうか。
その状況での同居はトラブルの臭いしかしない。 慣れた土地を離れたお年寄りがイライラして乱暴に、そして認知症、なんて腐るほどある話。 投稿者が不幸になればお子さんも泣きます。 別の方法を考えましょう。
外国での話~1ヶ月に一回だけ 家族で もう一人用の小さな家に移り 年金生活の義母さんの家で皆で食卓を囲む。義母さんは 花を 息子夫婦は食事を用意して その日だけは 窓辺に家族の団らんが見える。 老人にとっては、子供に見捨てられてないし、訪問者の為にお掃除等の緊張感を持って生活出来るメリットがあるし、息子夫婦からは親の様子もチェックできるし 適当な距離も 保てるなと その習慣の 話を読みました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP