母さん、私に興味がなかった? 50年以上前の通知表から生じた87歳母への疑念

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:65
プロフィール:65歳主婦です。1歳年上の夫と猫と暮らしています。

48.jpg

65歳主婦です。

我が家と87歳の母が暮らす実家のある県は少々距離があり、ここ1年は訪問も控えています。

24歳で結婚して実家から離れて41年になりますが「もしかして、母は兄たちに比べて私への関心が薄かった?」と思い当たってしまう出来事がありました。

一昨年末、父の法事で実家を訪れた時、ついでに物置の整理をしました。

不要なものをより分けていると、せんべいの大きな空き缶から私たちの幼い頃の通知表が出てきました。

ガリ版刷りに、黄色く変色してところどころボロボロの紙。

「うわー! 懐かしい! こんなものもとっておいてくれたんだ」

嬉しく思いながら、破かないようにそっとページをめくりました。

今も名前を憶えている、初めての担任の名前も懐かしく、ついつい見入ってしまいました。

同じ箱には兄たちの通知表もあり、何気なくめくってみると「えっ...?」と手が止まりました。

母は、兄達の通知表には欄外にびっしりコメントを書いていたのに、私の通知表にはほとんど何も書いていませんでした。

私が子どもの頃の通知表には保護者コメント欄はありませんでしたので、書く必要もなかったので全く気づきませんでした。

その他残してあった習字の半紙にも、兄たちの分には欄外に「〇〇先生にも褒められる、〇の字が良い」など走り書きを残していました。

そういえば、私の分は作品自体、兄たちに比べて残っている数も少ない...。

今になって振り返ってみると、私は兄たちと比べると、小さな頃からほめられたり怒られたりしたことがほとんどありません。

当時、母が忙しいことが子ども心に分かっていましたし、兄たちによくかまわれていたので寂しいと思うこともありませんでした。

兄たちは反抗期には母とよくケンカをしていましたし、就職先などの進路も「県内に残らないのか」などとよく言い合いをしていました。

一方で私はといえば、進路を選ぶ時も母からはほとんど何も言われませんでした。

結婚後はたびたたび夫の転勤もあったので、母とは季節の贈り物をしたり、たまに電話でご機嫌伺いしたりする程度の仲でした。

私の年齢だと、少し田舎のほうではまだ昔の価値観が色濃く残っています。

「女の子は家には残らない、嫁いだら嫁ぎ先の家の人間になる」

私の父母世代だと特にそういう考え方でしょうし、私も疑問を持つこともありません。

でも、母が兄たちと私に注いでいた子育てへの熱量の差を、子ども時代の通知表で気づいてしまったのです。

還暦を超えて「あれもこれも、もしかして母は私に関心がなかったの?」と思い悩むのはバカバカしいと思う人もいるかもしれませんが、気になるものは気になるのです。

今まで、何かと慌ただしく母に真意を聞けませんでしたが、次会った時に母の真意を確かめたい気持ちと、知りたくなかった本音を聞くかもという怖い気持ちと、半分ずつです。

関連の体験記:娘の学費のため...50代・シングルマザーの私がホームセンターで始めた「ハードな副業」奮闘記
関連の体験記:娘に月2万円を渡して「残りは好きに使っていいよ」って...同棲を始めた彼氏はアホなの⁉
関連の体験記:同居する義母が救急病院へ! 近くに住む義姉が付き添ってくれた翌日、私に届いた「驚きのメール」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そんなつもりないと思うけど。ご自身もお子様複数いらっしゃいますよね?全く同じ扱いでしたか?本人達もそう思っていますか?投稿を拝見してもお孫さんへの対応も全て公平という訳ではありませんよね?自分がそうだから不安なのでは? お母様も体調や心がずっと万全ではなかったかもしれません。当人はそんなつもりないと思うけど。
私もです。私は子供の頃から自覚ありました。親に期待しちゃダメですね。
兄たち、というからには、三番目の末っ子かしら。 子育ても三番目のとなると、子育てに慣れて、余裕が出てきて、細かいコメントなど書く暇もないのではないでしょうか。 今さら何十年も前の事を、愚痴ってもしょうがないと思いますけど。
うちは4人兄弟で、姉兄兄私の順番で1番末っ子でした。 しかも、両親が共働きで、祖母に育てられました。 上の2人(長女長男)とは歳の離れた、下2人(次男と私)は、甘やかされて育ったのですが。。。 大人になってから聞いた話では、 父母は「嫌われたくないから」と 長女と長男に、怒る役を押し付けていたそうです。 おかげで上2人が怖くて仕方ありませんでしたが、 今聞くと父母が可愛いくて、めちゃくちゃ笑えます。 母は次男を溺愛していましたが、 私に無関心だとは感じませんでした。 なぜなら、実際兄の方が愛嬌のある子供らしい子供だったから。 私が母親でも兄を溺愛すると思います。 本当は、ぽん子さんも、幼少期からそれが分かっていたのではないでしょうか? 母も子も人間です。 手が掛かる子ほど可愛いでしょうし、優秀な子は(この子は大丈夫)と思われてしまいます。 兄に構って貰っていたなら、充分幸せな子供生活だったのでは無いでしょうか。 私も兄に溺愛されていたので寂しいとは思いませんでした。 お母様に聞く時は、笑顔で可愛く聞いてみて下さいね⭐︎
私たちがここでそんな事ないのでは?…と言ったところで通じないのかな。だって頑なに思い込んでしまっているみたいだから。 お母様の事は信じてあげられませんか?どうしても気になるのならお母様が元気なうちに直接聞いてみるべきです。 ですが、キッパリ否定された時にはどうかお母様を信じてあげて下さい。 親としては贔屓するつもりなんてなくても、子供たちがどう感じるかは分かりませんものね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP