最高は年間30万円!アラフォーママである私の「フリマアプリ売上アップ術」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:つよぽん
性別:女
年齢:40
プロフィール:2児のアラフォーママです。数年前からフリマアプリに夢中。自宅にいながらアルバイト並みの副収入を得られています。

1.jpg

自宅にいながら簡単に不用品売買ができる「フリマアプリ」。

節約に活躍する大切なツールとなっています。思い立ったときにスマホひとつで、不用品を売買できるのは本当に便利です。

私は現在40代ですが、利用し始めてはや5年が経過しました。

過去最高の売上金は年間でなんと30万円です。

月にすると2万5千円。それだけ不用品がたくさんあったということですが、アルバイトをするのと同じくらいの金額を得られ、フリマアプリのメリットを感じています。

最初は思うように売上金を得られなかったけれど、試行錯誤をしていくうちに売れ行きがグンとアップしました。

まず見直したのは「プロフィール」です。

商品を買う際に気になるのが出品者の情報だと思いました。早めの発送を心がけている、質問は気軽にしてくださいなど信頼してもらえるよう丁寧な文章でプロフィールを作成しました。

次に注目したのが「商品の画像」です。

当然ながら暗いより明るい写真のほうが、商品はきれいに見えます。

理想は天気のいい日中、明るい場所で撮影することです。夜間の照明よりも明るく鮮明に撮影することができました。明るい写真を撮影しづらい場合は、スマホの画像編集で明るさの調節をしています。

暗色系の商品は背景を明るめにすることで、より「映えやすく」なります。

また衣類を出品する場合は素材が分かるよう、タグの画像を撮影するようにしました。

さらに出品する時間帯もポイントだと思います。私の場合は育児用品を出品することが多かったので、子どもがお昼寝する時間帯を狙いました。

その結果、ターゲットとする「子育て世代のママさん」に注目してもらえるようになったんです。

フォロワー数も増え、よく買ってくれるお客さんとつながることもできました。

今では「ジャケットはない?」など質問をもらうことも多く、出品する前から注文が確定してしまうことも。やり取りするのも楽しいです。

特に育児用品は必要としているママさんが多く、売れやすいと感じます。

人気キャラクターの衣類や雑貨、玩具類は即売れです。シーズンごとに不用になっていくものが多い育児用品のおかげで、毎月数万円の副収入を得ることができています。

断捨離かつ節約のために始めたフリマアプリですが、同世代とコミュニケーションを図ることもでき、とても充実した時間を送っています。

何となく出品するのではなくプロフィールを充実させ、商品の画像をきれいに撮影する、ターゲットにしたい世代がスマホを閲覧する時間帯を狙う。

これら3つを意識するだけで、商品の売れ行きが断然違いました。

売上金の使い道ですが、主に食料品や日用品に充てています。

私が使っているフリマアプリでは売上金をスマホ決済として使用できます。

本当に必要なものに費やすことができるため、非常に助かっています。今後も賢くフリマアプリを活用したいです。

関連記事:喜んでもらえて1年で5万円のお小遣いに!「50代、フリマアプリが楽しい」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP