喜んでもらえて1年で5万円のお小遣いに!「50代、フリマアプリが楽しい」

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:りか
性別:女
年齢:54
プロフィール:なぜか、なかなか断捨離が進まずにいます。

14.jpg

最近は断捨離がマイブームです。大手チェーンの中古用品店に不用品を売りにいったり、寄付したりしています。それに加え、1年ほど前からフリマアプリで不用品を売りはじめました。

最初はいろいろな評判を聞いて、「変な人にあたったらどうしよう...」とやろうとは思わなかったのですが、年上の友人が始めたと聞いて、私もちょっとやってみようかしらと重い腰をあげたのです。

いざ始めてみたら「フリマ」アプリという通り、普通のフリーマーケットで売っているような感覚になりました。私は街中のフリーマーケットには何度か参加したことがあり、フリーマーケットに出店するのは好きだったんです。

実際のフリマと同じように「まけてください」と言われたりもしますし、「まとめて買ってもいいですか?」もあるし、売買が成立して取引が終わると「大変素敵なお品物ありがとうございます」なんて言われることもあります。そうするとなんだかうれしくて、また何か出品したくなるんです。なかなか売れないものもありますが、写真を工夫したり、値段を下げたりして売れると、なんだかとても楽しいんです。

また、実際のフリーマーケットだと出店準備が大変だったり、移動がおっくうだったりしますが、フリマアプリは手間が少なくてびっくりです。アプリがとてもよくできているので、出品も本当にあっという間にできるので手軽です。利用してから1年くらいですが、トータルで5万くらいの収入になりました。捨てるつもりのものだったので、その結果はありがたい限りです。

気分もすっきりして多少のお小遣いにもなって、いいことづくめだったフリマアプリ。ネット上のやり取りだからこそ、購入希望の方が商品が届くまで安心できるように諸々の連絡・コメントはかかせませんし、買い手に喜ばれたいのでもちろんヘンなものは出しません。

私にとっては不用品ではあるけれど、どこかで誰かが着てくれたらうれしいなぁとか、自分が読んで面白かった本をほかの人にも読んでもらいたいという気持ちで出品しています。洋服もきれいなものだと捨てるのももったいないし勇気がいりますが、誰かが使ってくれるのならば、こんなうれしいことはありません。

これが私なりの節約なのですが、よく考えるとこんなに売るものがあるということは、いろいろ買い物してるんだなぁということですよね。買う前にもっと真剣に吟味して買わないと、永遠にフリマアプリで売り続けることになってしまいます......。なんだか、恐ろしい話になっちゃいました。

関連記事:仕事を辞めて「玄関掃除」してたら...次々幸運が!これって風水パワー?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP