バブル時代、背伸びした思い出の指輪。妥協したくない...買取2店舗で比較したら2倍以上の値に!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:64
プロフィール:64主婦です。外出制限の時期から家の中の整理を細々と続けています。

45.jpg

64歳主婦です。

片付けをしているとき、若い頃に買った指輪を見つけました。

「大人になったんだから本物をつけないと」

そう思って頑張って買った18金製の指輪です。

当時の背伸びをした思い出は良いものですが、何せ30年も前のものなので、「いかにもバブル!」といった感じの太いゴージャスなデザインです。

若ければ良いのかもしれませんが、今の私がつけたら指先だけが悪目立ちしてしまいそうでした。

どう処分したものかと悩んでいると、いつも行くショッピングモールに「金高騰中! 高価買取!」というのぼりが立った貴金属買取店があることを思い出し、売りに行ってみることにしました。

指輪を少し磨き、ジュエリーケースに入れて、少しでも値段が上がるように下準備をして店に行きました。

店内に入ってみると、ショッピングモールの一角なのにソファーが置かれており、スーツを着た店員さんが温かいお絞りまで出してくれました。

これは期待できるのでは? とドキドキしながら指輪を渡し、待つこと15分。

出された金額はがっかりするものでした。

「古いデザインですし、地金としての買取になりますのでこのお値段です」

そう言われたのですが、思い出まで安い値段がつけられてしまったような気になり、落ち込みました。

店員さんは少し金額を上乗せしてくれて、売ることを勧めてきたのですが、売らずに帰りました。

「若い頃に買った指輪があったでしょ? あれ売ろうと思ったんだけれど、〇円って言われたのよ」

「それは安すぎでしょう~」

家に帰ってきた夫に、思わず愚痴ってしまった私。

夫は指輪の重さをはかり、パソコンで金の相場について調べてくれました。

「今は金の価格が〇〇円みたいだから、買いたたかれたんじゃない?」

そういえば、金の価格も変動するんですよね。

また、夫は隣町で金属加工をしているところが買取をしていたような...と教えてくれました。

それならばと後日出向いてみると、そのお店では貴金属の買取価格が玄関に張り出されていました。

室内はショッピングモールの店とはまるで違い、事務室のような雰囲気です。

だけど対応は丁寧で、どんな方法で計量しているか、本物と偽物はどうやって見分けているかなどをさっと説明してくれ、指輪を私の目の前で計量しました。

すると驚きました。

ショッピングモールの買取店と比べ、買取価格が2倍以上になったのです!

この値段なら後悔しない! 私は売ることに決めました。

帰る時の足取りはスキップしたいくらいの軽さで、パートで貯めたお金を合わせて、家電でも新調しちゃおうかしら? とルンルン気分でした。

モノを売る時も、比較をするかしないかでこんなに違うものなのですね。

最近の驚いた出来事でした。

関連の体験記:気づいてしまった...中学校の給食室で働いていた私が目撃した、栄養士の「ある行為とその顛末」
関連の体験記:41歳専業主婦の私。年3回の美容院すら「また行くの?」と言う、お金にシビア過ぎる夫が辛いです...
関連の体験記:長年連れ添って今さら!? 食事中に夫がテレビを見ながらボソッと「料理が味気ない」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP