「子供がいる女は職場にいるだけ無駄」パワハラでうつ病が発症、今も闘病を続ける私の15年

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:むらまゆ
性別:女
年齢:44
プロフィール:専業主婦。社会人時代から現在も続く私のうつ病の闘病について、現在は病状が落ち着きつつあるので書きたいと思います。

11.jpg

私は高校を卒業してから5年前まで21年間働いていました。

夫は46歳の公務員、息子は16歳の高校生です。

うつ病とはっきり診断を受けたのは、子供が2歳になるかならないかくらいの2005年頃のことです。

発症のきっかけは、育児休業から復帰して仕事も軌道に乗り始めた頃に受けた、上司からのパワハラでした。

パワハラは、人事面談から始まりました(私の職場では3年程度で異動があります)。

「来年からはどんな仕事をしたいか」

「私は今の仕事が好きだから異動したくない」

「子供がいる女はいるだけ無駄だから働けるだけ感謝しろ、わがままだ!」

現在ではパワハラで訴えることができるレベルですが、これは15年前の話です。

当時、子供を産むのは罪なのかと悩んでしまったことを覚えています。

その後人事異動があり、全く畑違いな仕事をすることになりました。

まず勉強から始まり、知り合いが全くいない職場での孤独、上司からのパワハラ、同僚からのいじめに普段の家事や子育てで、体と心が完全に壊れてしまいました。

30分以上眠れない、24時間泣いている、奇声を発する、表情が能面になる等あり、夫に引きずられて精神科を受診しました。

しかし私は精神科受診には否定的でした。

実母から「うつなんて病気はこの世に存在しない、逃げ病だ!」と言われてきたからです。

今になって考えると、もしあの時受診していなかったら...と考えると怖いです。

医者の判断は「早急に休むべき」でした。

職場の上司にその話をしたところ間髪入れずに「今すぐ辞めてほしい。この職場は忙しい、おまえの存在自体が迷惑だ」と言われました。

好きで病気になった訳でもないのに、酷過ぎると思った事を今でも思い出します。

その後、退職するまで4つほど部署を異動しました。

「どうせ理解なんかしてくれないから」と思い、普通の自分を演じる為に薬を際限なく増やして対応してきました。

その結果、異動先でも同じような事を言われ続けました。

退職に至ったのは他の病気が悪化してしまったからです。

どうしようもなくなってしまったので辞める決断をしました。

辞めようと思ったのは職場での対応が酷かったのが主な原因で、もしもうつ病だけなら今もやめていないと思います。

退職したらうつ病は治るのか、そんなことはなかったです。

未だに睡眠薬がないと30分以上眠ることはできません。

その後自分に別の病気が発覚、息子の障害が悪化、身内の病気など気が休まる日はありません。

そうした日々を乗り越えるため、薬の増減を繰り返し、現在に至っています。

かれこれうつ病とのお付き合いは15年になりました。

これからも闘病は続くので、焦らずのんびりと付き合っていきたいと思います。

関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...
関連の体験記:「手伝いますよ」のひと言が命取り...44歳、義実家の町内会で「若手」と重宝される私の葛藤
関連の体験記:「不倫相手と結婚したい」元夫との離婚も乗り越えた私なのに...51歳になり「前向きな性格」に異変が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

うわあ…辛かったですね……。いや、今も辛いのか…旦那さんは何もしてくれなかったんですか? 診断書もらって訴えられるレベルです。 とはいえ、もうそんな酷いところに関わりたくもなかった、早く縁を切りたかった、という所でしょうか。 本来ならそんなメンタルでは難しくややこしい法的手続きなんてできないので、旦那さんのフォローがあればな、と思ってしまいました。 今のあなたが少しでも健やかに過ごせるよう祈っています。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP