コロナ禍で増加? 勧誘・営業の電話に対してきっぱりとうまく断ることができない/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「電話営業をなかなか断れない...」というお悩みに、ノンフィクション作家の松原惇子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_42795978_S.jpg

【お悩み】

勧誘・営業に対してきっぱりとうまく断ることができない

私は、宗教の勧誘や、新聞、保険などの金融商品の営業、さまざまな勧誘・営業に対して、すぐにきっぱりと断ることができません。

コロナ禍の昨今では、対面の勧誘・営業はかなり減ってきたので、玄関であたふたすることはなくなりましたが、電話での営業は逆に良くかかってくるようになりました。

いつもうまく断りたいと思うのですが、営業さんの言葉をさえぎることができず、適当に相づちを打つしかなく、やっと断って電話を切る時には、徒労感ばかりでなく、かなり落ち込みます。

どうすれば電話を長引かせず、うまく断ることができるでしょうか。

北海道F・Iさん(71歳)


【おこたえ】

一方的にガチャンと電話を切ってOK。無言でも良いくらい

電話での勧誘は、本当にやめてほしいですよね。

電話に出ないのがいちばんいいのですが、知り合いかもしれないと思うと、うっかり出てしまいがち。

それに、勧誘だと気付いても、途中で電話を切りづらいものです。

どんな電話でも、こちらから切るのは勇気がいるものですが、もし、知らない会社やなんとなく変だと思ったら、話を聞かないで、「関心ありません」と言って一方的に切ることをおすすめします。

絶対に「ええ」なんて相づちを打ったり、言葉を発したりしないことです。

無言の方がいいぐらいです。

話の途中でも気にすることはないので、大きな声で「関心ありません」、ガチャンと電話を切ることです。

この電話、どうもおかしいと思ったら、「関心ありません」ガチャン。

どうぞ、試してみてください。

●松原惇子さん(ノンフィクション作家

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

松原惇子さん
ノンフィクション作家。専門は「上手な生き方」

この記事は『毎日が発見』2021年3月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP