水あかやアンモニア臭も撃退! クエン酸スプレーは水回り掃除の強い味方

もうすぐ大掃除の季節がやってきます。掃除の時にさまざまな洗剤を使い分けるのは面倒ですね。これからはたくさんの洗剤を買う必要なし! アルコール、セスキ、クエン酸の3つの素材を水で薄めるだけで作れる簡単スプレーや、ナチュラル洗剤を使った掃除方法について、ナチュラルクリーニング講師の本橋ひろえさんに教えてもらいました。

 
前の記事「油汚れももう怖くない!? セスキ水スプレーの作り方とキッチンでの使い方テク(3)」はこちら。

 

水あかなども簡単にスッキリ

洗面台、浴室、トイレ、シンクなど、水周り全般で活躍しれるのが、クエン酸水スプレー。酸性で、水あかなどアルカリ性の汚れを中和して分解します。酸が残ると金属が傷むので、しっかりすすぐのがポイントです。

1811p030_01.jpg

クエン酸水スプレーのここがすごい!

●水あか、せっけんかすの汚れを分解。
●トイレのアンモニア臭を中和する。ペットのトイレ回りの拭き掃除にもおすすめ。
●水に溶けやすく、酢のようなツンとする臭いもない。

クエン酸水スプレーの作り方

【材料】
1811p030_02.jpgクエン酸
粉末は薬局他、100円ショップでも販売。スプレー容器もある程度の厚みがあれば、100円ショップで買えるものでOK。

【作り方】
 水200mlにクエン酸小さじ1/2を混ぜて溶かす(約1%希釈)。1811p030_03.jpg 

 スプレー容器に入れ、2~3週間で使いきる。

 

クエン酸水スプレーの基本の使い方

<使用時の注意>
・カビ取り剤や漂白剤など、塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生するので絶対に避ける。
・大理石は変質するので避ける。金属は腐食するので使用後はよく洗い流す。
・肌が荒れやすい方はゴム手袋をつけて使用を。

 
【蛇口まわり】直接スプレー
付け根部分を重点的に1811p030_04.jpg特に蛇口の付け根は水あかが固まり、ここに赤や黒のカビが繁殖します。まずは水受けを含めて全体にスプレー。蛇口の白い汚れがこびりついた部分にペーパータオルを巻き、再度スプレーして5分置き、水拭きします。


1811p030_05.jpg仕上げにから拭きすればピカピカに。

 

【浴室小物】直接スプレー
ザラザラ汚れもスルリ1811p030_06.jpg浴室のザラザラ汚れに直接スプレーし、スポンジでこすり洗いを。いすの座面や側面、洗面器の湯をためる面や側面など、ザラザラがこびりついた部分はペーパータオルにスプレーして貼りつけると、曲面でも液が流れず、5分ほど置いてこするとラクに落とせます。

 

【トイレの床や壁】直接スプレー
気になる悪臭もすっきり

1811p030_07.jpgトイレの床や壁に直接スプレーし、クロスで水拭きを。尿汚れとともに悪臭も除けます。


1811p030_08.jpg

また、便器の縁裏につくザラザラとした白い結晶(尿石)にも効果的。溝にトイレットペーパーを詰めてスプレーし、5分置いてペーパーを水に流してから、メラミンスポンジなどでこすります。

 

取材・文/山﨑さちこ(シェルト*ゴ) 撮影/三佐和隆士

 

<教えてくれた人>

本橋ひろえ(もとはし・ひろえ)さん

ナチュラルクリーニング講師。企業の洗剤製造などに携わり、結婚後は主婦目線でナチュラルクリーニング講座を始めて幅広く活躍。著書に『ナチュラル洗剤そうじ術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

記事下バナー.jpg

この記事は『毎日が発見』2018年11月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP