「あの人いいこと言うけど好きになれない・・・なんで?」コミュニケーションの達人が知る「人間の三大原則」

「どんな風に話すかで人生は変わる」と言うのは、全国で多数の講演を行う人材育成のプロ・永松茂久さん。そんな永松さんが会話のノウハウをまとめた著書『人は話し方が9割』(すばる舎)から、「好印象を与える会話のコツ」を抜粋してお届けします。

話し方03.jpg

能力があるのに、話し方で損している人

さて、世の中には、すごくいいことを言っているのに、なぜか人に好かれない人がいます。

一方で、月並みなことしか言わないのに、なぜか多くのご縁に恵まれて、うまくいく人もいます。

人間関係を築く上で大切なのは、人柄や、物事の見方、考え方です。

しかし、いくらいいものを内に秘めていても、話し方を間違えてしまうと魅力は伝わらず、人を遠ざけてしまうことになります。

いい話し方ができるようになれば、人生は劇的に変わる。

これは、決して大げさではありません。

ではどうすれば、いい話し方になるのか。

具体的な話に入る前に、話し方すべての基礎となる「大原則」についてお話ししましょう。

話し方における「微差」とは?

コミュニケーションを制すれば、人間関係を制したのも同じです。

もう少し砕いて言えば、「うまく人と話をすることができれば、あなたの日常はさらに豊かなものになる」ということになります。

「あの人にはなぜ人が集まるのだろう?」

あなたが羨ましく思っているあの人は、あなたの100倍の努力をしているのでしょうか?

答えはノーです。

私の好きな言葉に、「微差が大差になる」があります。

その人は、今のあなたより「ほんの少しだけ」人とコミュニケーションを取る上で、大切なことを知っているだけなのです。

では彼らは何を知っているのでしょうか?

答えを申し上げます。

まず、「人は誰もが自分のことが一番大切であり、自分に一番興味がある生き物である」ということです。

想像してみてください。

みんなで写った集合写真で真っ先に見るのは、何でしょうか?

そうです、自分の顔です。

集合写真が手元に届いて、他人の顔を確認する人は滅多にいません。

まず自分です。

つまり、一番興味がある「相手自身」のことを主役にすれば、自然に相手の感情は高まっていく。

「自分を主役にしてくれるあなた自身のことを好きになる」、という簡単な心理です。

2つめが、「本来、誰もが自分のことを認めてほしいし、自分のことをわかってほしいと熱望している」です。

そして、3つめが、「人は自分のことをわかってくれる人のことを好きになる」です。

【最初から読む】「否定しない空間」を作れば誰でも上手に話せる

【まとめ読み】「人は話し方が9割」記事リストはこちら!

140-H1-b.jpg人を動かす、会いたいと思わせる、嫌われないなど37の会話のコツを全4章で解説しています

 

永松茂久(ながまつ・しげひさ)
大分県中津市生まれ。株式会社人財育成JAPAN代表取締役、永松塾主宰。全国で数多くの講演、セミナーを実施。2019年4月、東京に自社のセミナールームである「麻布『翔』ルーム」をオープン。著書には、『20代を無難に生きるな』『30代を無駄に生きるな』(きずな出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は140万部を突破している。

140-H1-b.jpg

『人は話し方が9割』

(永松茂久/すばる舎)

ビジネスでもプライベートでも、会話なくして人間関係は成り立ちません。逆に言えば、会話がうまくいけば人間関係も仕事もうまくいきます。小手先の言葉のテクニックではなく、根本となる話し方を変えられる37の秘訣がまとめられた“2020年上半期で一番売れた会話の本”。これであなたのコミュニケーション能力は格段にアップします。

※この記事は『人は話し方が9割』(永松茂久/すばる舎)からの抜粋です。
PAGE TOP