「子宮を取りましょう。不快な症状がなくなりますから」って...。47歳大学教授の「更年期」体験談

顔から汗が止まらない、イライラが抑えきれない、 悲しくもないのに涙が出る...それは「女性ホルモン」が原因かもしれません。そこで、15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で若年性更年期を乗り越えた葉石かおりさんの著書『死んでも女性ホルモン減らさない!』(KADOKAWA)より、女性ホルモンと更年期の関係や食生活、運動、心のケアについてご紹介します。

pixta_57263343_S.jpg

女性ホルモン減少による更年期体験&対策

更年期を乗り越えてきた人から、来る更年期に向け事前ケアをする人まで生の声をキャッチ!


K・Hさん│ 47 歳│大学教授

元々、子宮筋腫があった関係で40歳から近所の婦人科に通院し、低用量ピルを処方してもらっていました。

45歳になった時、「もう年齢的にピルを出せない」と突然言われ、飲まなくなった途端、不正出血、出血過多の症状が始まりました。

クリニックを受診すると「もう子どもを産まないなら子宮を取りましょう。そうすれば不快な症状が全てなくなります」と言われ治療を断念。

2年放置した後、友人がすすめるクリニックへ行き、再び低用量ピルを飲み、今は快適そのものです。

首から上がいつもポカポカしてるくらいで、目立った症状はありません。

気をつけていることは太りやすく痩せにくくなってきたので、代謝を上げるためヨガやエクササイズを続けること。

また低カロリー&低糖質の素焼きのナッツ、大豆イソフラボンが豊富な豆乳をとるよう心掛けてます。


ドクター一枝から一言

今でこそ少なくなりましたが、私のクリニックにも他のクリニックで子宮を取るように言われたと駆け込んできた方が多くいました。

そんな時はセカンドオピニオンを。

またピルの処方は年齢ではなく、個々のホルモン状態を診て決めるもの。

ホルモンの知識が豊富で、それを得意とする医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

豆乳は適量であれば問題ありませんが、脂質が多いので要注意。

当クリニックにも豆乳の飲み過ぎで10キロ太った方がいらっしゃいました。

適度な運動は心身にもいいので◎です。

【まとめ】『死んでも女性ホルモン減らさない!』記事リスト

81l-FPgF1BL.jpg

女性ホルモンと更年期の関係や、更年期での食生活・運動・心のケアなどが、3章にわたってわかりやすく解説されています

 

葉石かおり(はいし・かおり)
ラジオレポーター、週刊誌の記者を経て、エッセイスト、酒ジャーナリストに。年下婚、離婚などを経験し、各メディアにエッセイやコラムを寄せる。また、国内外でサケ・アカデミーを開講し、日本酒の伝道師・SAKE EXPERT の育成を行う。お酒と健康について、医師に取材した著書『酒好き医師が教える最高の飲み方』(日経BP 社)が13 万部を超えるベストセラーに。

shoei.jpg

『死んでも女性ホルモン減らさない!』

(葉石かおり/KADOKAWA)

つらい更年期をハッピーな「幸年期」に変えるのはケア次第なんです。著者が15年間婦人科に通い続けドクターと二人三脚で編み出した「女性ホルモンとの付き合い方」が、マンガを織り交ぜてわかりやすく紹介されています。女性ホルモンと更年期の関係や、食生活・運動・心のケアなど、更年期と向き合うためのヒントを教えてくれる一冊です。

※この記事は『死んでも女性ホルモン減らさない!』(葉石かおり/KADOKAWA)からの抜粋です。
PAGE TOP