レンジで作れるDIY漢方!手足ぽかぽか「蒸ししょうがの紅茶」レシピ

眠れない、だるい...といった年齢とともに増える体の不調。「薬膳なら解消できます」と言うのは、テレビで活躍しながら国際薬膳師の顔も持つ麻木久仁子さん。そんな麻木さんの著書『生命力を足すレシピ』(文響社)から、「薬膳の基本」や疲れにくくなる「薬膳レシピ」をご紹介。今日の献立にひと工夫を。

127-009-081.jpg

体の芯に、蒸ししょうがで「暖房」を仕込む

生のしょうがは体表を守る力が強いのですが、しっかり火を通したしょうがは「体の芯」である胃腸を温める力が強くなります。

蒸してから干したしょうがは「乾姜(かんきょう)」とよばれる漢方薬でもあります。

寒い冬だけでなく、手足が年中冷えているという方は、できるだけ毎日蒸ししょうがをとって、体の中心部からポカポカさせましょう。

「わざわざ蒸して、さらに天日干しなんて面倒くさい」という方は、レンジを使ってみてください。

晴れた日の朝、薄切りにしたしょうがをレンジで2〜3分ほど温めて、ざるにのせて日の当たる窓辺に置けば、たった一日で完成します。

エアコンの前にザルを置いて、そのまましばらく放っておいても。

完全に乾かして乾燥剤を入れたビンなどで保存すれば、1年くらい楽しめます。

蒸ししょうがの紅茶

【材料】

しょうが...適量

紅茶の葉...適量

【作り方】

① しょうがは皮付きのまま薄切りにし、湯気の上がった蒸し器で3分蒸す。

ザルに上げ、カラリと乾くまで天日に干す。

密閉できる容器に乾燥剤とともに入れて保存する。

② ポットに茶葉とともに好みの量の蒸ししょうがを入れ、熱湯をそそぐ。

好みではちみつを入れる。

【最初から読む】麻木久仁子さんが教える「薬膳」のススメ

【まとめ読み】『生命力を足すレシピ』記事リストはこちら!

127-H1-reimeiryoku.jpg症状別や季節に合わせた70の薬膳レシピを集めた料理本。食材図鑑など薬膳の基本が身に付きます

 

麻木久仁子(あさぎ・くにこ)
1962年、東京都生まれ。国際薬膳師。テレビやラジオ番組で司会者、コメンテーターとして活躍するほか、クイズを中心にバラエティ番組にも出演。2010年に脳梗塞を発症、12年には乳がんに罹患し手術を受けたことから、講演会などで自身の経験や検診の大切さを伝えている。16年には国際薬膳師の資格を取得。

127-H1-reimeiryoku.jpg

『一生、元気でいたいから 生命力を足すレシピ』

(麻木久仁子/文響社)

著者が実践する心と体を整える薬膳レシピ本。体調の変化、季節の変化に合わせて普段の食事をひと工夫するだけで、生命力をプラス!効能や効果が分かりやすい食材図鑑や薬膳の基本も。

※この記事は『一生、元気でいたいから 生命力を足すレシピ』(麻木久仁子/文響社)からの抜粋です。
PAGE TOP