単なる「情報」と「知恵」の差を知っていますか?驚くべき「脳による記憶の編集力」

知人の名前がどうしても出てこず「老化かな・・・」とへこむこと、ありますよね。そこで鍛えたいのが「思い出す力」。情報をただ「インプット」するのではなく、何度も思い出して「役立てる」ことで、情報が「知恵」に変わり、人生を充実させることができるんです。そんな話題の新刊『ど忘れをチャンスに変える思い出す力:記憶脳からアウトプット脳へ!』(茂木健一郎/河出書房新社)より、思い出す力を高めるための効果的な方法や、誰もがすぐにできるアクションを連載形式でお届けします。

pixta_30332778_S.jpg

こうして記憶は上書きされる

記憶は「覚える」だけのものではなくて、よく「保存」し、よく「思い出す」ことが重要です。

実は海馬は、「覚える」と「思い出す」にかかわっています。「保存する」は大脳皮質(特に側頭連合野)が担当しています。海馬は、進化的に新しい組織である大脳皮質に記憶を定着させ、その大脳皮質から記憶を取り出します。大脳皮質を図書館にたとえると、海馬は図書館に新しい本を加え、古い本を取り出してくるということになります。

今思い出せる限りで、あなたの一番古い記憶は何ですか?

思い出そうとしている今、あなたの海馬が使われています。

引き出された記憶が、たとえば「小さなときに、ショッピングモールで迷子になった」だったとしましょう。今、あなたの中に、そのショッピングモールの商品棚の様子や、自分を発見してくれたときの母親の表情が、鮮やかに蘇っているとします。大人になっているあなたは、「お母さん、必死になってくれていたなあ」「あのショッピングモール、もうなくなってしまったなあ」などと、新たに思い、感じることがあるでしょう。

そういう現在の状況、思考、感情を取り込んで、その記憶はまた海馬を使って、再定着されます。つまり、記憶は思い出すたびに、現在の干渉を受け、変更されるのです。これが、記憶の編集です。

コンピューターでファイルを保存したら、それはずっと同じ場所にあり、何度開いても、前に開いたままの状態で取り出すことができますが、人間の記憶は、取り出すたびに少しずつ場所も内容も変わります。

思い出すたびに、修正に修正が加わって、「事実」から遠ざかり、生きるために本当に必要なことに変わっていきます。その編集の過程で、ときには、実際にはなかったディテールまで、頭の中で作り込むことがあります。

誰でも「偽の記憶」を持っています。海馬という編集のメカニズムがあるために、われわれはありもしなかったことまで、鮮やかに思い出すことがあるのです。

このような海馬の役割が明らかになったのは、アメリカ生まれで、重大な記憶障害を抱えることになったH Mさんのおかげです。

H Mは子どもの頃に頭を強く打って、頭蓋骨にひびが入り、内側側頭葉(ないそくそくとうよう、海馬を含む)を発生源とするてんかんが起こるようになってしまいました。年齢が上がれば上がるほど、てんかんはひどくなり、高校生になったときには、頻繁に意識を失うようになって、日常生活に重大な影響が出て、ついには退学までしなくてはならなくなりました。

「こんなに生活に支障があっては困る」と、まだ海馬の役割がわかっていなかった1953年、てんかんの治療のためにH Mは内側側頭葉を手術で切除してしまいました。

これによっててんかんはよくなったのですが、記憶に重大な問題が出てしまいました。H Mは海馬を失い、新しい記憶を形成することができなくなり、かつ、手術前 1、2年分の記憶をなくしていました。子どもだった頃などの、かなり古い記憶は無事でした。

これが示唆するのは、(1)海馬は記憶の保存先ではなく、記憶を新たに作るときに使われる組織である、だから切除されると新しい記憶が形成できない。(2)直近の過去の記憶は、生活の中で「こんなことがあった」「どういうことだったのだろう」とまだよく思い出されていて、海馬を使う編集の途中である、だから海馬を取り去るとともに影響を受けてしまう。しかし(3)大昔の記憶は、ほとんど編集作業は終了していて、体験のエッセンスが凝縮された記憶になっている。つまり、大脳皮質に移行が完了されているから無事なのだ、ということです。

思い出すことで、記憶は何度でも練り直され、育てられるのです。そうやって作り変えられたものが「知恵」です。インプットされた情報が、思い出すというプロセスによって、エッセンスが凝縮され、生きるために役立つ実になります。

これが、単なる「情報」と「知恵」の差です。

目標は5歳児!? その他の「ど忘れをチャンスに変える思い出す力」記事リスト

思い出すカバー帯.jpg情報過多の現代に「思い出す力」を強化することで、クリエイティブになれる「新しい脳の使い方」を教えてくれる一冊。全6章の構成で、各章にはポイントやレッスンの「まとめ」がついた保存版です!

 

茂木健一郎(もぎ・けんいちろう)

1962年東京生まれ。脳科学者。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、現在、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞、2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞。

shoei.jpg

『記憶脳からアウトプット脳へ! ど忘れをチャンスに変える思い出す力』

(茂木健一郎/河出書房新社)

AI(人工知能)が本格的に普及していく現代において、「思い出す力」を強化することを解く話題の一冊。「思い出す」という行為が、過去をなつかしんだり、ノスタルジーに浸るためのものではなく、非常に創造的な行為であること。そして従来の「暗記・記憶=インプット」偏重の脳から「アウトプット脳」に変えることが、これからの時代を生きるために必要なことを明らかにしていきます。

※この記事は『記憶脳からアウトプット脳へ! ど忘れをチャンスに変える思い出す力』(茂木健一郎/河出書房新社)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP