列島熱狂の決勝トーナメント!サッカーW杯日韓開催/2002(平成14)【平成ピックアップ】

いよいよ「平成」が終わりを迎えます。ニッポンが駆け抜けてきたこの30年間、何が起こり、何が変わったのか......。「とらえどころのない時代」と言われがちな「平成」とは一体何だったのか、この機会にわかりやすいイラスト図解とともに振り返ってみましょう。

※この記事は『雑学ニッポン「出来事」図鑑』(KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「牛丼店から牛肉が消えた日。牛BSE感染騒動/2001(平成13)【平成ピックアップ】(12)」はこちら。

 

サッカーW杯日韓大会【2002(平成14)】

初の自国開催。ベスト16 入りに日本中が熱狂!
2002 サッカーFIFA ワールドカップが開催。初のアジア地域での開催となるこの大会は、日本と韓国の共同開催となりました。前回大会で初出場を果たした日本は、この大会で初の決勝トーナメント進出(ベスト16 入り)を成し遂げました。

i-254.jpg

 

i-255.jpg

[2002年5月31日]
2002FIFAワールドカップ・日韓大会開催
 ↓
[6月4日]日本1試合目
日本(2-2)ベルギー
[得点]ヴィルモッツ/鈴木隆行/稲本潤一/ヴァン・デル・ヘイデン
 ↓
[6月9日]日本2試合目
日本(1-0)ロシア
[得点]稲本潤一
 ↓
[6月14日]日本3試合目
チュニジア(0-2)日本
[得点]森島寛晃/中田英寿
 ↓
[6月18日]日本4試合目(決勝トーナメント1回戦)
日本(0-1)トルコ
[得点]ユミト・ダヴァラ
 ↓
[6月30日]決勝
ブラジル(2-0)ドイツ
横浜国際総合競技場での決勝戦は、3R(ロナウド、リバウド、ロナウジーニョ)擁するブラジルが、ロナウドの2得点でドイツを下し優勝。

 

次の記事「やっぱり拉致はあった!北朝鮮拉致被害者5人が帰国/2002(平成14)【平成ピックアップ】(14)」はこちら。

 

 

ケン・サイトー

イラストレーター。宮城県仙台市生まれ。大学卒業後、ゲームデザインの会社を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。おもに書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。

cover.jpg

『雑学ニッポン「出来事」図鑑』

(ケン・サイトー/KADOKAWA)

「平成時代の終わり」が迫るいまこそ、昭和から平成までを振り返る時。政治、社会、学術からエンタメ、スポーツ、流行りモノまで、大人として知っておきたい重大な事件や出来事を、分かりやすいイラスト図解でまとめました。取り上げるのはずばり戦後の昭和から平成までの100大事件。「あの時」一体何が起こったのか、楽しみながら解明できる一冊です。

 

この記事は書籍『雑学ニッポン「出来事」図鑑』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP