「小さな鏡でときどき表情をチェックします」70代女性牧師が「自分の笑顔」を見る理由とは

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_68721524_S.jpg

いつでも笑顔を。あちこちに鏡を置いて表情チェック

笑顔になるだけで、人の免疫力がアップするそうですね。

テレビ番組で見ましたが、口角を上げるだけでいいそう。

実際に、こんなことがありました。

80代の知人は脳をがんにおかされ、末期の宣告を受けました。

私が「笑顔で人のために何かするといいですよ」とすすめたら、できる範囲で実行し、元気になり、もう3年も生きています。

もちろん、重い病の人全員がこれで治るとは思いませんが、「病気になるとマイナス思考になる。いつも笑顔でいること、そして人のために働くことは、プラス思考を生み、血の巡りがよくなって症状改善に効果がある」と、私は思っています。

私もできるだけ笑顔で過ごすようにしています。

机や台所に小さな鏡を置いて、ときどき自分の表情をチェックします。

難しい顔をしていたら、鏡に向かって笑顔になってみることも。

小さいことですが、不思議と気持ちが明るくなるのです。

牧師の仕事は常に人と対面する仕事です。

いつでも相手にとって、よい表情ができているか。

無意識のときに「嫌な表情」を浮かべていないか。

それをチェックするためでもあります。

とはいえ、どうしても笑顔になれないときもあります。

そんなときは、無理はしません。

感情を殺さないようにし、落ち込むときは落ち込むし、泣きたいときは泣きます。

そして、怒りたいときは怒ります。

ただし、その姿を人に見せるかどうかは別のこと。

人前で泣かなくてもいいのだから、自分ひとりで思いっきり泣きます。

私は、自分にはいつも正直にありたいと思っています。

悲しいときや悔しいときは、神様に祈ります。

神様にいろいろぶちまけて、自分の感情を丸出しにします。

そうすると、私はなぜ悲しいと思っているのか理由がわかり、すーっと冷静になれるのです。

「相手のせいにしていたけれど、原因は自分にもあった。じゃあ、仕方がないか」と思えるのです。

祈るということは神様との対話であり、つまり自分の感情を言語化することなのだと思います。

落ち込みから立ち直るとき、その気持ちを文章に書いてみるという方法がありますが、同じなのかもしれません。

【最初から読む】「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP