三碧木星の2019年は、諦めていたことに再挑戦するのに最適な年。リベンジを!/展望と開運

2019年はどんな一年になる? 開運のポイントは? 陰陽五行説に物理学や心理学を加え、社会現象の予想では驚異の的中率を誇る「社会運勢学」で読み解いていきます。 社会運勢学会理事の山口知宏(やまぐちともひろ)さんが、九星の本命星別に2019年の運勢をご紹介!

pixta_37072830_S.jpg

前の記事「2019年は大変化の年になる二黒土星。意に反する変化もポジティブに受け止めて/展望と開運(4)」はこちら。

 

大きな使命を得て本気で生きる。真の自我へ、目覚めの時

/三碧木星(さんぺきもくせい)

三碧木星は以下の生まれ年の人です。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。
大正5 大正14 昭和9 昭和18 昭和27 昭和36 昭和45 昭和54 昭和63 平成9
※本命星の探し方は記事文末をご覧ください。


【総運勢】挑戦やリベンジが成功

数年ぶりの盛運を迎え、やる気に満ちた三碧木星。自己を改革してきたこの数年間で、精神的な成長を遂げ、感覚も研ぎ澄まされている。だから、直感にほぼ間違いはなく、ためらう必要はない。多くの人に評価され、応援してくれる人が増えることで自信が生まれ、大胆な勝負にも踏み出せる。

2019年は、これまで諦めてしまった物事に再挑戦するには最高の一年となる。運勢の足を引っ張るのは未来への不安なので、やりたいことがあれば全力を傾けたい。

三碧木星は転換期の渦中にいるが、一年の運勢は強さをもって動く。特に8月と9月は運勢が強いが、9月は慎重な歩みが求められる。6月は運勢の谷にあたるので、大きな決断や判断は禁物。考え過ぎてしまうこともあり、ほとんどがトラブルに見舞われて撤退を余儀なくされる。

秋以降は2020年の雰囲気が立ち上がる。衰運期に向かって勢いが収束するので、大胆な行動は慎むように。一年を通じて、朝型の生活リズムを心がけたい。日中が勝負で、夜はゆっくり過ごすこと。

2019年の三碧木星に求められているのは、「競争」ではなく「変化」だ。誰かと争う意識は捨て、昨日の自分と今日の自分を比べてどれだけ変化できたか。そこに着目して日常生活を送ってほしい。

 

【家庭運】役割分担で孤立を回避

感情的になりやすく、家族の中で孤立しがち。まずは、自分自身が家族の中で、どんな役割を求められているのかを真摯に考えることだろう。孫の相手や家の掃除など、男性であれ、女性であれ、相手に全てを任せることのないように。

また、家族の転勤や単身赴任など、一時的な別れがあるので、遠く離れている場合、電話や手紙、メールなどで頻繁に連絡を取ること。一人で悩まず、なんでも家族に相談した方がうまくいく。隠し事もバレるので、何事もオープンに。それができれば、そう悪くない年といえるだろう。


【健康運】循環器のトラブルに注意

これまで諦めていた体の悩みに対して再挑戦するように。生活習慣病や治療の難しい病気なども、決意とともに改善を見せるだろう。また、ダイエットも成功する可能性が高い。これを機に、運動の習慣をつけて立て直しを。

循環器にトラブルを抱えている人は注意したい年。高血圧はさまざまな病気の引き金になるので、改善を誓いたい。頭痛や胸の息苦しさがある人は脳梗塞や心筋梗塞のリスクがあるので、精密検査をするように。

 
≪2019年はおしゃれで開運≫
ファッションはいつもより明るめに。スパンコールをポイントに使い、若干派手めに見えるくらいでちょうどいい。メイクは目元がポイントとなる。サングラスの使い方も重要。老眼鏡もファッションを意識して、赤いフレームを選ぶのもおすすめ。

●テーマカラー
(年によって各々の星の位置する場所の色。毎年変わる。)
赤、紫

●ラッキーカラー
(自分の星がいる場所と、自分を結びつけ、快適に過ごさせてくれる接着剤のような役割の色。毎年変わる)
緑、黄緑、モスグリーン

●カラーの使い方
ファッションの場合、全体の装いにテーマカラーの服を選び、ラッキーカラーの小物を差し色として身に着けると開運を導ける。

 

 
生まれ年から本命星を探す

個人の運勢は、自分の生まれ年に巡っていた九星の本命星で見ます。年の変わり目は節分とし、2月3日生まれまでは前年で見ます。

●一白水星
大正7 昭和2 昭和11 昭和20 昭和29 昭和38 昭和47 昭和56 平成2 平成11

●二黒土星
大正6 昭和元 昭和10 昭和19 昭和28 昭和37 昭和46 昭和55 平成元 平成10

●三碧木星
大正5 大正14 昭和9 昭和18 昭和27 昭和36 昭和45 昭和54 昭和63 平成9

●四緑木星
大正4 大正13 昭和8 昭和17 昭和26 昭和35 昭和44 昭和53 昭和62 平成8

●五黄土星
大正3 大正12 昭和7 昭和16 昭和25 昭和34 昭和43 昭和52 昭和61 平成7

●六白金星
大正2 大正11 昭和6 昭和15 昭和24 昭和33 昭和42 昭和51 昭和60 平成6

●七赤金星
大正元 大正10 昭和5 昭和14 昭和23 昭和32 昭和41 昭和50 昭和59 平成5

●八白土星
大正9 昭和4 昭和13 昭和22 昭和31 昭和40 昭和49 昭和58 平成4 平成13

●九紫火星
大正8 昭和3 昭和12 昭和21 昭和30 昭和39 昭和48 昭和57 平成3 平成12

 

次の記事「2020年からの幸せに向けて、2019年の四緑木星は蓄えの年。人脈の整理に取り組んで/展望と開運(6)」はこちら。

 

<教えてくれた人>

山口知宏(やまぐち・ともひろ)さん

社会運勢学会理事。経営コンサルタント。社会運勢学の第一人者・村山幸徳氏に師事し、現在の時勢を気・易・社会運勢学の観点から論じる切り口を取り入れた講演が人気を博している。

この記事は『毎日が発見』2018年12月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP