ITベンチャーの旗手、まさかの逮捕劇! ライブドア事件/2006(平成18)【平成ピックアップ】

いよいよ「平成」が終わりを迎えます。ニッポンが駆け抜けてきたこの30年間、何が起こり、何が変わったのか......。「とらえどころのない時代」と言われがちな「平成」とは一体何だったのか、この機会にわかりやすいイラスト図解とともに振り返ってみましょう。

※この記事は『雑学ニッポン「出来事」図鑑』(KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「ヒトへの感染不安も!鳥インフルエンザ感染拡大/2004(平成16)【平成ピックアップ】(15)」はこちら。

 

ライブドア事件【2006(平成18)】

新進ITベンチャー企業による企業買収騒動
若手のITベンチャー企業「ライブドア」が企業買収などで注目を浴び、株価も上昇。これにあわせて様々な展開を巻き起こしました。ところが、法の穴をつくような手法とその強引なやり方が問題視され、幹部が逮捕される事態となりました。

i-260.jpg

 i-261.jpg

[2003年]
自社株食い
「M&Aチャレンジャー1号投資事業組合」「ライブドアファイナンス」などが設立され、これらを経由して買収会社の株式を自社株と交換、利益を得る。
 ↓
[2004年6月・12月]
球団買収騒動
近鉄バファローズの球団合併の際に買収の名乗りを上げるが失敗。その後、東北の球団設立を画策するも、楽天に敗北している。
 ↓
[2005年1月17日・4月18日]
メディア買収騒動
時間外取引によるニッポン放送株取得でライブドアが筆頭株主となる。ニッポン放送はフジテレビに対し新株予約権の発行を発表するが、差し止められる。交渉の末、4月18日に業務提携することで和解成立。
 ↓
[2006年1月23日]
幹部4名逮捕
東京地検により、1月16日に本社・自宅などが家宅捜索。1月23日、「証券取引法違反(偽計、風説の流布)」の疑いで、社長の堀江貴文、取締役の宮内亮治、子会社社長の岡本文人、中村長也の4名が逮捕。

 

次の記事「未曾有の大災害に列島激震。東日本大震災/2011(平成23)【平成ピックアップ】(17)」はこちら。

 

 

ケン・サイトー

イラストレーター。宮城県仙台市生まれ。大学卒業後、ゲームデザインの会社を経て、2006年よりイラストレーターとして独立。おもに書籍や雑誌の挿し絵などを手がけている。

cover.jpg

『雑学ニッポン「出来事」図鑑』

(ケン・サイトー/KADOKAWA)

「平成時代の終わり」が迫るいまこそ、昭和から平成までを振り返る時。政治、社会、学術からエンタメ、スポーツ、流行りモノまで、大人として知っておきたい重大な事件や出来事を、分かりやすいイラスト図解でまとめました。取り上げるのはずばり戦後の昭和から平成までの100大事件。「あの時」一体何が起こったのか、楽しみながら解明できる一冊です。

 

この記事は書籍『雑学ニッポン「出来事」図鑑』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP