時は金なり! 新幹線切符を買うならみどりの窓口よりも空いている自動券売機で/節約ハック

「節約しているつもりなのに、全然お金が貯まらない」「将来のお金が心配」と、不安を抱えているだけで、「お金」と真剣に向き合うのを避けてはいませんか?節約・倹約で生活コストを落として生活に余裕が生まれれば、精神的なゆとりも持つことができるのです。月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者がみずから実践して厳選した、「誰でもできる節約のちょっとしたコツ」をご紹介します。

※この記事は「この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科」(松本博樹/KADOKAWA)からの抜粋です。

pixta_43463157_S.jpg前の記事「10回分の値段で11回乗れる!JRの回数券は「クレジットカードで買う」のがさらにおトク/節約ハック(18)」はこちら。

 

新幹線切符を買うならみどりの窓口よりも自動券売機

新幹線の駅に行くと、切符を購入するためにみどりの窓口に並ぼうと思うのではないでしょうか。でも、時間がかかってイライラすることがあるかもしれませんね。

私はここ数年、毎週のように新幹線を利用しています。いつもみどりの窓口と自動券売機の様子をチェックしているのですが、基本的には自動券売機のほうが空いています。自分で切符を買えることがあまり周知されていないのでしょうか。

自動券売機で新幹線の切符を買うのはそこまで難しいことではありません。画面に従って進めていけば普通に買えます。

下の図のようにすると長い手順のようですが、実際やってみるとそうでもありません。「時は金なり」貴重な時間をムダにしないためにも、自動券売機を積極的に使うようにしましょう。

ただし、鉄道会社をまたぐなどの複雑な切符の買い方をする場合や、株主優待券を使う場合は、みどりの窓口でないと購入できないので注意してくださいね。

p077.jpg

 

次の記事「新神戸ー東京間で970円差も!「途中下車」を利用すれば、JR運賃はもっと節約できる/節約ハック(20)」はこちら。

 

 

松本博樹(まつもと・ひろき)

1983年生まれ、神戸市出身神戸市在住。5年間会社員としてプログラマーをした後、独立。独立時点でマイホーム購入、次の仕事のあてがゼロ、子どもが産まれる直前だったことから、節約生活を決意。同時にブログで記事を書けばおもしろいのでは、というアイデアから2011年5月にブログ「ノマド的節約術」をスタート。Web制作やせどりなど複数の仕事にチャレンジしながら、最終的に自分に一番合うとわかったブログ・サイト運営の事業に一本化し、日々節約や貯金などのお金に関する情報を発信中。


cover.jpg

『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』

(松本博樹/KADOKAWA)

月間700万PV超えの大人気ブログ『ノマド的節約術』運営者に、現代の節約術を学べ! 脱サラ時点で仕事のあてゼロ、マイホーム購入、長男誕生間近……と、生活苦に陥った筆者が実践してきたイマドキの節約のコツを84個厳選して紹介。天才でも、カリスマでもない「普通の人」が必死に知恵を絞った、「誰でもできるちょっとしたコツ」が満載です。「自分と家族が一生、生活に困らないようにしたい」と思ったら読むべき一冊にまとまりました。

 

「ノマド的節約術」

 

この記事は書籍『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』からの抜粋です

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP